「決めつけ言葉」が子どもをダメにする。

「決めつけ言葉」が子どもをダメにする。

「決めつけ言葉」が子どもをダメにする。

 
 

お子さんが何か悪いことをした時やテストの点数が悪かった時、

 

「あなたは、いつもそんな悪いことをする!」

「あなたは、いつもテストで悪い点数を取ってくる!」

「みんな出来ているのに、どうしてあなたはできないの!」

 
 

このように普段から、お子さんに「いつも」「絶対」「みんな」という言葉を使っていませんか。

 
 

「いつも、あなたはそんなことをしている」 「みんな出来ているのに、あなたは〜」

 

このように、お子さんを決めつけたようなことを言っても、実際には、お子さんはそうじゃないことが多いのではないでしょうか。

 お子さんも四六時中ずっと悪いことをしている訳ではありませんし、いつも悪い点数を取っていると言っても以前より上がっている場合もあるはずです。    みんなが出来ていると言っても、本当にみんなが出来ているかというと全員が出来ている訳ではないはずです。
 
 

このように「いつも」「絶対」「みんな」とあなたが決めつけて言ったとしても、実際にはそうじゃないことが多いように思います。

 
 この「いつも」「絶対」「みんな」という言葉を間違って使い続けると、お子さんに悪影響を与え、社会に出た時に自信を持って生き抜くということが難しなりますので注意が必要なのです。 
 
 

growthup.club/2016/10/06/kimetsukekotoba/1

1・決めつけ言葉はどうして悪いの??

 

では、この「いつも」「絶対」「みんな」という決めつけた言葉を使い続けていると、なぜ、お子さんに悪影響を与えることになるのでしょうか。

 

たとえば、

「あなたは、いつもダメね」

「みんな出来るいるのに、あなたは・・・」

と言われ続けることで、

 
 

お子さんは無意識的に

「僕(私)は、何やっても出来ない・・・」

「いつも、出来ない・・・」

「みんなより劣っている」

 

と知らず知らずのうちに自己存在価値を否定し自信を失う原因になります。

 
 

これが続くとお子さんは自分自身を好きになれずに自己否定をし自己嫌悪に陥るのです

 
 

人には、向き不向きや得意不得意があります。 お子さんにとって人より優れているところばかりではなく、劣っていることも素直に受け入れることが大切になります。 

 
 

それでは、お子さんが悪いことをした時などに、どのように意見を伝えたらいいのか。

 
 

それは一時的な言葉で「今」に限定して伝えることです。

 
 

たとえば、

「こいうことをする、今のあなたは良くないよ」

 

「あなたのこういう悪さをするところは嫌いよ」

 
 

このように「いつも」「絶対」「みんな」という言葉を使わずに「今だけ」に限定して意見を伝えることで、お子さんの無意識に残らず自己否定につながりません。

 
 

http:growthup.club/2016/10/06/kimetsukekotoba/2//growthup.club/document-request/3

 

2・決めつけ言葉の使い方を変えてみる! 

 

「いつも」「みんな」「絶対」という言葉は、永久言語と言われています。これは時間軸を超えてずっと続くものだからです。

  

一方、「たまたま」「今回は」「めずらしく」という言葉は、一時言語と言われています。

 
 

お子さんを叱ったりするときに、永久言語「いつも」「絶対」「みんな」を使って伝え続けると、お子さんの自己存在価値が否定されて自己否定につながります。

 

ですが、永久言語「いつも」「絶対」「みんな」を上手く使うことでお子さんの自己肯定感が高まるようになるのです!!

 
 

それは、

永久言語「いつも」「絶対」「みんな」を褒めるときに使い。

 

一時言語「たまたま」「今回は」「めずらしく」を叱るときに使うのです。 

 
 
 

たとえば、

忘れ物をした時

永久言語の場合

「あなたは、いつも忘れ物をするね!」

 

一時言語の場合

「今回は、忘れ物したね」

 
 
 

テストで悪い点数を取った時

永久言語の場合

「あたなは、いつも悪い点をとってくるんだから!」

 

一時言語の場合

「今回は、悪い点だったんだね。残念だったね」

 
 
 

逆に、テストで良い点数を取った時

一時言語の場合

「あら、めずらしく、今回は良い点を取ってきたんだね」

 
 

永久言語の場合

「ずっと頑張って勉強してたもんね!よかったね!私も嬉しいよ!」

 
 
 
 

お手伝いをしてくれた時

一時言語の場合

「今日は珍しく、お手伝いしてくれたんだね」

 
 

永久言語の場合

「いつもお手伝いしてくれて助かるわ。ありがとうね」

 
 
 
 

このように、叱る時には「一時言語」、褒める時には「永久言語 と使い分けることで、それぞれの効果が大きく違ってきます。普段から気を付けて使っていきたいですね。

 

growthup.club/2016/10/06/kimetsukekotoba/2

3・ ま と め 

 

普段使っている言葉は無意識に使っていることが多くあります。 しかし無意識に使っている言葉が、お子さんの意識の中にインプットされ、お子さんの人格形成に大きな影響を及ぼすことになります。 特に親子の関係では、その影響は非常に大きいです。   

 

ですので、普段、あなたがお子さんに伝えている言葉を少し見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

そうすることで、お子さんの人格形成に良い影響を与え自己肯定感も高まります。 そして、お子さんが将来、社会を生き抜く力を養っていくことが出来ます。

 
 

それでは、最後までお読みいただき心より感謝いたします。

 

親子のコミュニケーションサイト 「グロースアップクラブ」は家庭教師のぽぷらが運営しています。 

 

家庭教師のぽぷらでは、小中学生のお子さんに将来大切になる3つの成長力 「やる気力」「理解力」「習慣力」を身につける指導を行っています。

 

お子さんの成長力をグッと高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。

 

ぜひ、お子さんの成長力アップに役立ててください。 

 

メルマガ登録フォームはこちらから>>  

【この記事を読まれた方は、次の記事も読まれています】

・子供のモチベーションを上げるために親が注意したいこと

・反抗期の子供の気持ちを受け止める大切さ </h4>

・子供が親の言うことを聞かなくなる原因

growthup.club/2016/10/06/kimetsukekotoba/5

#決めつけ言葉 #子どもの人生に影響する #子どもが自信が持てる #家庭教師のぽぷら #小学生 #中学生 #子育て

 

家庭教師のぽぷらは、兵庫県大阪府京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。  

兵庫県では、神戸市、西宮市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、明石市、加古川市、姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 お気軽にご相談下さい。