褒めるだけだと子供はダメになる!

褒めるだけだと子供はダメになる!

 

子育てで大切なこと、それは子供の良いところを見つけて褒めて伸ばすことが何より大切だと言われます。

 

しかし、単にお子さんを褒めたら伸びるのか?というとそうではありません。

 

実は、褒めてばかりいるとお子さんは

 

「ダメな子 = 自分から行動できない子」

 

になってしまうこともあります。

 

お子さんの良いことをみつけ「褒めて伸ばそう!」としても、逆効果になっていたらとても残念ですよね。

 

一方、褒め方によってはお子さんは自分の可能性に気づき積極的に行動するようにもなるのです。

 

 

それでは、褒めて伸びる子と伸びない子の違いというのはあるのでしょうか?

growthup.club/2016/12/02/failure_ok/1

 

 

褒めて伸びる子と伸びない子の違いとは? 

 

お子さんを褒めることで「もっとがんばろう!!」とやる気になり上を目指す子がいれば、

一方「こんなもんでいいや〜」と現状で満足したり低いレベルで満足してしまう子がいます。

 

 

これはいったい何が違うのでしょうか??

 

 

 

もちろん、お子さんの性格によっても多少の違いはあると思いますが、

実は、お子さんへの褒め方が大きな影響を与えているのです。

 

お子さんへの褒め方を普段から意識していますか??

 

 

ほとんどの方は、褒め方を意識するということをされていないと思います。

 

 

それでは、どのようなことを意識して褒めることが大切になるのでしょうか。

 

たとえば、テストで良い点数を取ってきた時、

あなたはお子さんにどのように褒め言葉をかけますか?

 

「良かったね!」 「頑張ったね!」

 

普通の褒め方として、このように褒められるとお子さん自身も嬉しいです!

 

しかしこの褒め方だと「褒められて良かった!」ということだけで終わります。

 

 

できれば褒めることで「もっと頑張ろう!」「次はもっとやってみよう」「僕(私)はもっとできるかも!」

と思えるような褒め方だったらお子さんのやる気をさらに引き出し伸びていくのではないでしょうか。

 

 

 

それでは、お子さんが褒めることで伸びるような「褒め方」を紹介したいと思います。

 

 

先ほどと同じようにテストで良い点数を取ってきた時、

「○○ちゃんが、いつもがんばって勉強している姿を見ていると私もがんばろうと思うわ!!」

 

「○○ちゃんが、学級活動と部活が忙しいのに勉強している姿を見ていると、私も嬉しく思うよ!!」

 

 

いかがでしょうか。

単に「良かったね!」「がんばったね!」と伝えるよりも違いますよね。

 

 

「私は〜 〜 ○○と感じた!」というように伝えていくことがポイントです。

 

どう感じたのか? どう思ったのか? という感情をお子さんに伝えることで、

お子さんは自分の存在が相手に与える影響を実感できるようになります。

 

 

 

すると、お子さん自身「もっとお父さん、お母さんを喜ばしたい!!」

という気持ちが心から湧き上がり、次への行動につながります。

 

 

「良い点数が取れて良かったね」「勉強して頑張ったね」

このように言われることでやる気にはありますが、

それだけでは「良い点数を取るかた良い子」「勉強したから良い子」ということになります。

 

 

すると、

悪い点数を取った時には「悪い点数を取ると悪い子」 

勉強しない時には「勉強しない悪い子」 

 

このようにお子さんは無意識的に感じるようになり自らの行動を制限するようになります。

 

 

 

それよりも、お子さん自身が何かを取り組んだり行動することで誰かが喜んでくれるということが実感できれば、

心から「もっと頑張りたい!」「もっと喜んでもらいたい!」という想いが湧き上がり自ら行動できるようになります。

 

 

growthup.club/2016/12/02/failure_ok/3

 

 

評価する褒め方から共感する褒め方へ

 

お子さんが伸びる褒め方と伸びない褒め方の違いをお伝えしました。

 

普段からお子さんを褒める時に「良かったね」「頑張ってね」と褒めることが多いのではないでしょうか。

この褒め方は、相手のことを評価し結果に対して褒めることになります。

 

 

一方、先ほどの「私は〜 〜 ○○と感じた!」という褒め方は、

お子さんと同じ立場、目線になり私はこう感じる「嬉しい、楽しい、感動、悲しい」という感情を伝えることになります。

 

 

 

この2つの褒め方によってどうのようにお子さんは違ってくるのでしょうか。

 

相手のことを評価し結果に対してばかり褒めていると、お子さんは褒められないと行動しなくなると言われています。

 

 

なぜなら、結果に対して褒められると、

結果が出た僕(私)はOK  

結果が出ない僕(私)はNG

ということになります。

 

 

つまり結果が良くなりそうなら行動するようになるが、結果が出ないようであれば行動しなくなるのです。

 

 

すると、結果が出ない僕(私)は自分自身でNGと思うようになり自信を失う原因になります。

 

 

 

一方、私は〜 〜 ○○と感じた!」という褒め方をしていると、

お子さんは自分のしたことが、人の役に立ち喜ばれるということが実感できることで自分の存在価値がうまれ自ら行動できるようになります。

結果を気にすることが少なくなり何事にも積極的にチャレンジ出来るようになるのです。 

 

 

 

このように褒め方一つでお子さんが自ら行動出来る子になるか、失敗を恐れて指示待ち族になるか、社会に出て時に大きな差が生まれるのではないでしょうか。growthup.club/2016/12/02/failure_ok/4

 

まとめ

 

褒めて伸びる子と伸びない子というのは、親の褒め方が大きく影響するということです。

 

 

普段のお子さんへの褒め方を意識して変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

そして普段からお子さんを上から目線で評価したり子供だからという理由で自分の下に見ていると、お子さんは親から尊重されていないとか信頼されていないと感じるようになります。

 

 

ですので、お子さんを子供だからということで接するのではなく同じ立場でお子さんを尊重し信頼すること。

 

 

そしてお子さんの可能性を心から信じてみることが何より大切になるのではないでしょうか。

 

 

親であるあなたの態度がお子さんに大きな影響を与えることになると思います。

 

 

それでは、最後までお読み頂き心より感謝いたします。

 

親子のコミュニケーションサイト 「グロースアップクラブ」は家庭教師のぽぷらが運営しています。 

家庭教師のぽぷらでは、

小中学生のお子さんに将来大切になる3つの成長力 「やる気力」「理解力」「習慣力」を身につける指導を行っています。

 

お子さんの成長力をグッと高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。

 

ぜひ、お子さんの成長力アップに役立ててください。 

 

メルマガ登録フォームはこちらから>>  growthup.club/2016/12/02/failure_ok/5

 

#伸びる褒め方伸びない褒めた方 #褒めるだけだと子供はダメになる!? #子供の可能性を信じる #褒めて伸びる

#小学生 #中学生 #家庭教師  #ぽぷら

 

家庭教師のぽぷらは、兵庫県、大阪府、京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。   兵庫県では、神戸市、西宮市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、明石市、加古川市、姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 お気軽にご相談下さい。