不登校のお子さんの一歩先をサポート

不登校は、これまで「特別な子」だけの問題でした。
しかし、今現在「特別な問題ではなく社会全体の問題」として捉えた方がいいと私たち家庭教師のぽぷらでは考えています。

そのために、お父様お母様以外の第三者の意見や介入も必要だと思います。なぜなら、第三者の意見や考え方が入ることで、お子さんに今までと違った変化が起こるかもしれないからです。

 

そんなお子さんにきっかけを作り「はじめの一歩」を踏み出せるように学習面と精神的フォローの両立からサポートをし、不登校を克服できるようにお手伝いが出来れば幸いです。

 

不登校のお子さん一人ひとりに寄り添い指導します

不登校の中学生の人数は9万7036人
小学生の人数は2万5806人となり前年と比べて増加傾向にあります。

 

また、不登校ではないが、保健室登校や不登校向けのスクールに通っているお子さんも多く、実際には数字以上のお子さんたちが様々な悩みを抱えているのが現状です。

 

特に中学生になると、クラスに1人の割合で不登校のお子さんがいる計算になります。中学生は多感な時期であり、変化も著しい時期になります。

 

大人の視点からは「えっ、こんなことが?!」とたいした問題でないように思えることも、お子さんの立場から見ると精神的なストレスになる大きな問題なのかもしれません。

 

不登校が長引くことで学校の授業についていけないという学習面で不安が大きくなり不登校を長期化させる原因にもなります。

 

家庭教師のぽぷらでは、不登校のお子さん一人ひとりの立場に立ち学習状況や性格、特性、お子さんの学習状況をしっかり把握していきます。

 

さらに、性格特性というそれぞれの個性も認め、愛情持って、お子さんがわかるまで教師はトコトン教えていきます。

もちろん、悩みや不安など、学習以外のお子さんの心のサポートもしながら、親身に寄り添い、進んでいけるように教師は努めていきます。

 

お子さんの自信を取り戻し、本来の力を発揮させます。

小中学生の時期は、人生においてもっとも多感で情緒の変化が激しい時期となります。

情緒の激しい中で、不登校のお子さんは、ふさぎこみ自信を失っています。どのように接していいのか、お父様お母様も、どうにもならない現状に歯がゆい思いや、不安な気持ちになられているのではないでしょうか。 

 

私たち家庭教師のぽぷらでは、不登校のお子さんを一つの個性として捉え、お子さん一人ひとりの性格、特性、家庭環境を考慮して接しています。

 

また、お子さんの得意なことや、出来ることに視点を向け、その部分を伸ばせるように、一つひとつ認め褒めながら指導し自信を持たせています。

この自信が不登校を克服する一歩になるように、ぽぷらはサポート致します。

 

お子さん一人ひとりには、未来に広がる大きな可能性を秘めています。諦めることなくお子さんと一緒になり未来に広がる希望や夢を育んでいきたいと思います。

 

不登校でも高校進学は大丈夫!?

不登校のお子さんを持ちのお父様お母様が一番気がかりなこと。

「このままで、高校進学できるかしら・・・」
「このままで将来大丈夫・・・」
「将来、ちゃんと就職して働くことができるかしら・・・」

 

このように、お子さんの将来の進路を心配されているのではないでしょうか。

実際に、文部科学省の「不登校に関する実態調査」の内容では、

中学3年生の不登校生徒の5年後の状況

非就学、非就職率・・18%

 

つまり、不登校のお子さんが20歳に成人した時、5人中1人が、大学や専門学校に進学せず、就職もしていない計算です。

 

そしてお子さん自身も将来の不安と心配を抱えているのも事実です。  

「このままで大丈夫かな・・・何とかしないといけないな・・・」
「高校には行きたいな・・・」「今の学力では高校いけないかな・・・」

 

不登校のお子さんは、このように、不安と恐怖を抱えながら毎日を過ごしていますが、一歩を踏み出すことにとても臆病になってしまっているため、今を変化させることが難しいのだと思います。

 

ですが、このまま何もせずに時間が解決してくれるわけではなく、何かのキッカケがあればきっと解決へ向かうのでは?とも思っています。

 

私たち家庭教師のぽぷらでは、不登校のお子さん一人一人の味方につき、寄り添いお子さんの現状から、出来ることを一つ一つ見つけ自信をつけ、前向きになれるように指導を行っています。

 

また、不登校のお子さんの高校進学を、強力にバックアップするために家庭教師の良さを取り入れた「家庭教師のぽぷら高等学院」を設立しました。

 

「家庭教師のぽぷら高等学院」とは、鹿島学園高等学校の認定の通信制サポート校であり、不登校のお子さんを学習面でしっかりサポートできるシステムです。

不登校のお子さんが、通信制高校や単位制高校に進学されるケースは多くあります。

しかし、実際に卒業する割合は20〜30%(10人に3人程度)と言われています。

 

その一番の理由は「一人で続けられない」ことです。

 

私たち家庭教師のぽぷらでは、中学生の指導はもちろん、お子さんが高校に進学されてからも継続して指導をさせて頂いています。

 

高校生になってからも、週1回のペースから、学習でわからないことをわかるまで指導、自主性を大切にしながら、お子さんと一緒に学習計画を立てることで一緒に高校卒業を目指して指導を行っております。

学習面と精神面でお子さんをしっかりサポートします!

家庭教師のぽぷらでは、不登校のお子さんの学習状況、性格、特性に合わせた独自の学習方法をつかませ学習の悩みを解決しています。

 

また、悩みや不安など、学習以外のお子さんの心のサポートもしながら親身寄り添い、お子さんが前進できるようサポートします!

お子さん本来のチカラを引き出します。

家庭教師のぽぷらでは、不登校のお子さん一人ひとりの学習状況、性格、特性を把握して指導することで、お子さんが本来持っているチカラを引き出せるようサポートしていきます。

 

 

 

 

 

 

家庭教師と相性ピッタリ保証


家庭教師を紹介する際には、登録者10,000人以上の中から、お子さんの相性や条件に合った家庭教師を選抜します。選抜後に独自の研修をおこない家庭教師のぽぷら認定家庭教師としてご紹介致します。 
万が一、お子さんと担当家庭教師の相性が合わない場合は無料で何度でもチェンジできるので安心です。

毎月の指導報告書


お子さんの学習進捗状況を担当の 家庭教師より指導報告書にて報告させて頂きます。また、本部にて報告書をチェックいたしますので、何かご要望や指導改善などあれば、担当家庭教師にアドバイスして指導改善につなげています。

ご家庭への定期連絡


定期的に本部よりご家庭にご連絡させていただき、お子さんの学習状況の把握と指導の中で問題点などがないかをお伺いさせて頂き指導改善につなげています。

模擬テスト(自宅で受講できます)


不登校のお子さんは、学校の定期テストを受けていないことがあります。その場合、お子さん自身の成績が全体でどのくらいのレベルなのかわかりません。家庭教師のぽぷらでは、自宅で受講できる模擬テストを実施しています。模擬テストでは、志望校の判定や各教科の弱点が把握できますので、お子さんの全体のレベルや弱点が把握し志望校の対策に役立てています。

会員様向けお役立ちメールマガジン


お子さんの成長力を高めるメールマガジンを毎週配信。成績アップ、やる気アップの秘訣、お子さんの接し方、言葉がけなどのコツをお伝えして、お子さんの成長に役立てて頂いています。

ダブルサポート体制


家庭教師と本部スタッフの「ダブルサポート体制」を整えています。勉強の悩みをはじめ高校・フルースクールなど、様々な相談を解決サポートさせていただきますのでお気軽にご相談下さい。

会報誌の発行


年6回 会報誌「ぽぷらスマイル」を発行しています。お子さんの勉強に関するお役立ち情報、受験情報、コラムなど、会員様に役立ててもらえる内容を提供しています。

 

お子さんが変わるキッカケとして体験授業をやっています。

不登校のお子さんは、新しい一歩を踏み出すということに抵抗があります。 

なぜなら、今までと違い、変化することに恐怖と不安を抱きとても臆病になっているからです。

 

しかし、何もせずに時間が解決してくれるわけではなく、何かのキッカケがあれば解決する方向に進むのではと私たち家庭教師のぽぷらは考えています。

 

そこで、不登校のお子さんに無理なく新しい一歩を踏み出せるキッカケとして家庭教師のぽぷらでは体験授業を行っています。

 

体験授業では、実際に担当する家庭教師の先生での体験授業になります。

「どんな人柄なのか?」
「うちの子と相性が合うかな?」
「教え方がわかりやすいのか?」
「不登校のうちの子の気持ちをわかってくれるかな?」

 

実際に体験授業を受けて頂くと、家庭教師はどういうものなのかがわかり、家庭教師の良さも実感して頂けます!!

 

もし、万が一、担当の先生と相性や教え方が合わない場合は、無料で交代できます。ご安心して下さい。

最初は体験授業を受けることを嫌がっているお子さんも多くいました。

「学校に行けと強制されるのかな?」
「僕の気持ちわかってくれるかな?」
「全く勉強していないけど大丈夫かな?」

 

実際に体験授業を受けると、

「とっても楽しく勉強できた!!」

「わからないことを、どんどん質問できて話しやすかった!」

「話やすい人で良かった!!」

という喜びと安心の声を頂いています。

 

しかも、「ウチの子の表情が明るくなった!」と、お父様お母様から喜びの声も頂いています。

 

もちろん、体験授業を受けて頂いて本当に気にいってもらった時だけご入会になります。安心して体験授業を受けてみて下さい。

 

今なら無料で体験授業を行っています。体験授業を受けてみたいという方は、お電話か申込みフォームでお申込み下さい。

無料体験授業のお申込方法は2つです


家庭教師を始められた方の感想

体験授業前の心配なこと不安なことをズバッと解決!

お父様お母様からよせられる、体験授業のことや、実際に家庭教師をスタートしてみて心配なこと不安なことをお答えしています。是非、参考にして下さい。

体験授業は、実際に担当する家庭教師の先生での体験授業になりますか?
他社の家庭教師会社では、学習アドバイザー(営業)が訪問して体験授業を行い、契約後に担当の家庭教師を紹介しています。家庭教師のぽぷらでは、体験授業から実際の先生が訪問し体験授業を行います。
お子さんと担当の先生との相性や教え方が合うかどうかを実感できますので、どのご家庭からとても好評を頂いています。
担当の家庭教師の先生と相性が合わない場合は、どうなりますか?
お子さんと担当の先生との相性が合わない場合は、担当の先生を無料で交代可能です。ご安心下さい。
相性が合う合わないのご相談は本部までお気軽にご連絡下さい。
うちの子、不登校で人と接するのが苦手ですが大丈夫ですか?
不登校のお子さんによっては、人とのコミュニケーションが苦手で困惑することもありますが、不登校のお子さんに味方になり寄り添い接していきますので少しずつ打ち解けてくれるようになります。
根気よく対応いたします、ご安心下さい。
不登校だしいいかな・・・
不登校のお子さんにとって新しく一方を踏み出すことはとても勇気がいることだと思います。
しかし、何もしないまま様子をみているだけでは、学校の授業との差がどんどん開いてしまいます。
不登校のお子さんだからこそ、お子さんの気持ちに寄り添い同じ目線になり、
一歩を踏み出せるようにサポートしていきたいと思います。
体験授業は、どうして無料なの?
家庭教師の良さを一人でも多くのお子さんに知ってもらいたいということで無料で体験授業を行っています。 不登校のお子さんは、新しいことに一歩踏み出すというのは、とても勇気がいることだと思いますが、お子さん一人ひとりにピッタリ合わせて指導できる家庭教師の良さを体験授業で体感してもらいたいと思います。

 

その他、実際に家庭教師をスタートしてからの心配なことや、体験授業での不安なことがあればお気軽にご連絡ください。

過去10000家庭以上のご家庭を指導させていただき、たくさんのご家庭にお役に立てています!!体験授業を試してみたいという方は、お電話いただくか、申込フォームにてお申し込みしてください。

 

無料体験授業のお申込方法は2つです


お子さんの明るい未来を創りたい!

不登校のお子さんは、様々な不安と心配を抱えています。お父様お母様も、どのように対処すればいいのかわからずお悩みだと思います。

 

どうにもならない現状に時間だけが過ぎてしまう・・・時間が解決してくれたらいいのですが、実際にはそうはいきません。

 

何もせず時間だけが過ぎてしまうよりも、まずは何かが変わるキッカケとして「はじめの一歩」を踏み出すことが大切ではないでしょうか。

 

なぜなら、家庭教師のぽぷらでは、今までたくさんの不登校のお子さんを指導させて頂き、その中で、ほとんどのお父様お母様が言われることがあります。

「もっと早くから第三者にお願いすれば良かった!」ということです。

 

私たち家庭教師のぽぷらでは、これまで指導させていただく中で培ってきた経験から学習面と心の面の両方からサポートをし、たくさんのお子さんの不登校を克服してきました。

今、現在もたくさんの不登校のお子さんを指導していただいております。

 

一人ひとりのお子さんと向き合い、親身に愛情持って接し、お子さんが安心して前進できる環境をお父様お母様と一緒に作っていきたいと考えています。

 

私たち家庭教師のぽぷらがお子さんの明るい未来を創るお手伝いが出来れば幸いです。

無料体験授業のお申込方法は2つです


お名前
メールアドレス
電話番号
- -

ここに入力していただいた番号に、折り返し 0120-307-579 から
ご住所の確認のため、お電話させていただきます。
★ その他、気になることや心配な点なども、お気軽にご相談ください。

郵便番号
-
ご住所
都道府県
ご住所
マンション・ビル名等
お子様の性別
お子様の学年
備考欄
個人情報取り扱いについて
  当社の個人情報保護方針についてはこちら