fbpx

「ウチの子、このままで中学校の授業についてけるかしら・・・」「中学校で落ちこぼれないか心配だわ・・・」

中学進学に向けてこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか? 

小学校から中学校への進学は、勉強面、生活環境面の変化が非常に大きい時期です。大きな変化のなかで、お子さんも不安を感じています。そんな、お子さん、お父様お母様の不安を私たち家庭教師のぽぷらが解決します。

お子さんが抱える小学から中学への大きな7つの変化

  • 教科が増える
  • 英語が本格的にスタートする
  • 算数が数学に変わる
  • 定期テストがある
  • 授業のスピードが速くなり学習内容も難しくなる
  • 新しい友達、先輩との対人関係
  • 生活リズムが変わり部活が始まると忙しくなる。

小学校から中学校への進学は、学習面と生活環境面において大きく変化します。 そのため中学進学の直前から対策するよりも少しでも早めの時期に対策することで、自信と余裕を持って中学のスタートダッシュがきれます!

そこで、お子さんが中学でスタートダッシュが切れるように家庭教師のぽぷらがサポートします!

中学でスタートダッシュが大切な3つの理由

理由
1
1授業のスピードが速くなり授業についていくのが大変

中学校では授業のスピードが格段に速くなるため、授業の中であやふやなことをそのままにしておくと雪ダルマ式にわからないことが増え授業についていけなくなります。

理由
学習内容が増え専門的になり難しくなる

中学では学習する科目が増えるのと同時に学習内容も専門的になり難しくなります。そんな中、授業の中で「わからない!」ことを増やしてしまうと授業についていけなく落ちこぼれる原因になります。

理由
中学校は毎日が忙しく勉強時間が全然取れない。

中学になり部活が本格的にスタートすると帰宅時間も遅くなるため、体もクタクタに疲れ時間を取って勉強することが難しくなります。

中学になりスタートダッシュでつまずくと勉強に自信が持てなくなり勉強嫌いに発展します。そのため早めに中学進学に向けて対策をすることが非常に重要です。 

「習慣力」を身につけスタートダッシュをきる。

中学進学に向けて早い時期からスタートダッシュがきれる対策することが大切です。

中学になりスタートダッシュが良いと、学校の授業がわかる! →授業が面白い! →テストで良い点数が取れる! →もっと勉強したい!!

「学ぶ」楽しさ「知る」喜びが実感でき自信を持って中学校生活を過ごせるようになります!!

一方、スタートダッシュでつまずくと、学校の授業わらならない…  →授業がつまらない…  →テストの点数が悪い →勉強に自信が持てなく勉強やりたくない・・・

勉強に対して劣等感を抱くようになり勉強から逃げ学校生活もつまらなくなります…

中学で良いスタートダッシュがきれると、中学校生活そのものが楽しく充実したものになります!

そのためには、中学準備の今の時期から自主学習を習慣付ける「習慣」を身につけることがとても大切です。

この「習慣」を身につけると「習慣を制するものは、人生を制する」と言われるように、これから人生において重要なスキルの一つとなり社会を生き抜く力になります。

growthup.club/2017/01/19/親の口癖が子どもの可能性をダメにする/3

中学校では、なぜ「習慣」を身につけることが大切になるのか? 

中学では「習慣」を身につけることが重要と言われますが、なぜ、「習慣」を身につけることが大切なのでしょうか。

それは、小学校と中学校の授業スタイルが大きく違うことが挙げられます。 この授業スタイルの違いを理解しておかないと中学で大きなつまずきの原因になります。

小学校の授業スタイルは、学校の先生が授業中に学習内容を繰り返し反復してくれるため授業のペースもゆっくり進みます。授業が理解できずに落ちこぼれることが少なくなります。

一方、中学校の授業スタイルは、授業のペースが格段に速くなりどんどん授業が進んでいきます。しかも、学習内容が専門的になり難しくなるため授業についていけない、お子さんが多くなります。

小学校と中学校の授業スタイルの違い

小学校の授業 45分

前回の 授業のおさらい 新しい内容の事業   次回の授業内容の予習
(準備)

中学校の授業50分

新しい内容の事業 

小学校では毎日宿題が出ますが、中学校ではほとんど宿題が出されません。

つまり、自主学習の習慣を身につけることがとても大切ということなのです!

しかし、自主学習が大切だと理解できても、自主学習のやり方がわからないと出来ません。 そこで、ぽぷらの家庭教師は自主学習のやり方から指導しています。

「時短学習法」で習慣を身につける。

家庭教師のぽぷらは、自主学習の習慣を身につけるために「1日15分の時短学習法」を取り入れ、自主学習を定着させています。 

「でも、中学になったら15分の短い勉強時間ではダメじゃないの!?」と心配されると思います。しかし長時間勉強したからといっても成果につながるというと、そうではありません。

短い時間であっても効果的なタイミングで勉強することで要領良く学習内容が定着するのです。時短学習は、学校の教科書と授業を中心として進めていきます。中学の定期テストや高校受験は教科書レベルの内容を確実に理解できば充分なのです。

「1日15分の時短学習法」

Step
1
予習5分 教科書の要点をチェックするだけ

予習というと何か特別な勉強をしないというイメージがありますが、教科書の要点を読みチェックするだけで脳にインプットされます。 授業で習う要点を事前に知っておくだけで授業がスムーズに理解できます。 

Step
2
学校の授業で要点を聞くだけ

学校の授業をボーッと聞くのではなく、要点を学校の先生が詳しく解説してくれます。要点の部分を集中して授業を受けられ理解度がアップします。

Step
3
復習10分 授業の振り返り

学校の授業内容が理解できても、その日のうちに復習しなければ忘れてしまい定着できません。 授業で習ったことを、その日のうちに「ふりかえり復習」することで授業内容が反復でき要点が整理できるので理解力が深まります。 そのために、お子さんに合わせた復習問題を十分厳選するのでカンタンに復習できます。

「1日15分」の短時間であっても学習内容を繰り返し反復することで記憶力が強固なものになり本当に実力として身につくのです。

 

また、お子さんが一人の時に「何をすればいいんか分からない…」ということで自主学習が習慣つかないとことがあります。そこで、ぽぷらの家庭教師では、家庭教師の指導日以外でも、お子さんが自ら机に向かい自主学習が定着できるように学習計画表を使い、自主学習を習慣付けています。

学習計画表では「毎日、何を?どれくらい?」勉強すれば良いのかを細かく指示出しているので、お子さんが一人の時に何をすればいいのかが迷わなくなります。その結果、自主学習の習慣が定着するようになるのです。

 

お子さんの『分かる!』を実感できる体験授業を行っています

中学では、学習内容が難しくなり成績の差が開いてくるため、ほとんどのお子さんが、塾、家庭教師、通信教材を始められます。 しかし、とりあえず塾、家庭教師、通信教材をするだけで成績が上がるのかというとそうではありません。

やはり、お子さんの性格や個性もそれぞれ違うように、勉強方法も十人十色それぞれお子さんに合った勉強方法があります。

そこで、ぽぷらの家庭教師は1対1の完全個別指導のメリットを活かし、お子さんの学習状況、性格、個性にピッタリ合った勉強方法を掴ませています。 

しかし家庭教師の授業を実際に体験してみないと、お子さんにとって本当に合うかどうかわからないから不安という方もいらっしゃいます。

そこで、ぽぷらの家庭教師では、実際にお子さんを担当する家庭教師の先生での体験授業を受けてもらい、お子さんと担当の先生との相性が合うかとか、教え方が合うかを体感してもらっています。

他社の家庭教師センターでの体験授業では、学習アドバイザー(営業)の方が訪問し、契約後に家庭教師を選抜し紹介することになります。ここが大きな違いです!!

 

また、料金についても事前にお伝えしていますので、ご家庭から「安心して体験授業を受けられる」とご好評を頂いています。

もちろん、体験授業を受けて頂いて、本当に気に入って頂いた時だけご入会になります。

もし、万が一、体験授業で担当の家庭教師の先生と相性や教え方が合わない場合は無料で交代できます。ご安心して下さい。 

ぜひ、体験授業で「わかる」喜び「できる」楽しさを実感して下さい。 

無料体験授業のお申込方法は2つです

家庭教師のぽぷら 代表|グロースアップクラブ、お子さんの将来に大切な3つ成長力 やる気力や理解力、習慣力をグッと伸ばす親子のコミュニケーションサイトを運営。20年以上に渡り家庭教師業界に携わる。10000以上の家庭と接してきて成績が良い子と悪い子の違いは家庭教育にあると実感。教育心理学、コーチングを勉強し、親御さんに役立つ家庭教育情報を発信。趣味はマラソン、過去4回(神戸、大阪、京都)フルマラソンを完走。

電話でお問い合わせをする