小学生の時期は、お子さんに勉強も遊びも両立してがんばってほしいと思いつつも、実際には、遊びばかりに夢中になり全く勉強せずやる気もない・・・。

「ウチの子、このままで勉強大丈夫・・・」とお悩みではないでしょうか。

 

でも、お子さんはもともと勉強が嫌いでやる気がなかった訳ではないはずです!

ちょっとした勉強のつまずきあやふやな理解をそのままにしたことが原因で勉強がつまらなくなり「やる気にスイッチ」が入らなかっただけです。

 

勉強でわからないことが「わかった!」喜びや、できないことが「できた!」楽しさを実感すると勉強本来の「知りたい!」という知的好奇心が刺激され勉強の「やる気にスイッチ」が入ります。

 

家庭教師のぽぷらでは、お子さんの「わからない」「できない」をトコトン指導し「わかる」喜び、できる」楽しさを実感させ、勉強の「やる気スイッチ」をオン!にしています!

  • 遊んでばかりで全く勉強しない。
  • 勉強のやる気がない。
  • わからない問題はすぐに諦める。
  • 宿題すらやらない。
  • 集中して勉強できない。
  • 嫌いな教科は全く勉強しない。
  • テストの点数がどうやっても上がらない。

このようなお悩みが一つでもありましたら、読み進めてください。

「勉強しなさい!!」は逆効果

お子さんの勉強を見られて、ちょっとしたミスやあやふやな理解があっても「学校の授業についていけているし、テストでも80点取れているから大丈夫!」と思っていませんか。

 

TV、ゲーム、マンガ、ばっかりで全く勉強しないお子さんの姿を見ていると「宿題終わったの!?」「遊んでばっかりで、早く宿題をしなさい!!」「いつになったら勉強するの!!」

このようにお子さんの勉強のことでガミガミ言うことがあるのではないでしょうか。

 

実は、この「勉強しなさい!」という言葉。 毎回のように繰り返し言われることでだんだん効果がなくなります。

たとえば、「勉強しない!」と言われ最初の頃は、お子さんも素直に聞き入れて勉強します。しかし「勉強しなさい!!」と繰り返し言われると「勉強しなさい!!」という言葉に慣れてしまい効果がなくなります。

 

そして最後には「勉強しなさい!!!!」と強く言っても聞く耳を持たなくなり、右から左へと聞き流しようになるのです。 

この状況を繰り返せば繰り返すほど親だけがストレスを溜めてしまい、ますます悪循環に・・・。

 

でも、もともとお子さんは勉強のやる気がなかったというと、そうではありませんよね。今まで知らなかったことを知りたい!という勉強本来の楽しさやおもしろさが実感でき知的好奇心に満ちた時もあったはずです。

 

お子さんに限らず大人でも、今まで知らなかったことを知る!というのは、知的好奇心が刺激され面白いものです。

 

では、なぜ、お子さんは勉強のやる気を失ってしまったのでしょうか。 

それは学校の授業で習ったことをあやふやな理解のまましていることが原因で授業がわからなくなり勉強につまずき、やる気を失っているのです。 あやふやな理解をそのままにせず早めに対処することが大切です。

お子さんが「あやふやな理解」を「確実な理解」になるまで理解を深め、一つずつ積み重ねることで勉強の「わかる」楽しさ「できる」喜びを実感でき自信が持てるようになります!

 

そうすると、勉強本来の「知らないことをもっと知りたい!!」という知的好奇心が刺激され勉強のやる気スイッチがオンになるのです!

「知りたい!」スイッチをオンにする!

勉強本来の「知りたい!!」というスイッチがオンになれば、知らないことを知るための勉強が楽しく面白いものになります。

すると、学校の授業を真剣に聞き積極的に手を上げ発表したり、学校以外でも興味持ったことを自分であれこれ調べ参考書やドリルの問題も積極的に解くようになります。

そして結果的に成績にもつながり、お子さん自らやる気を持って学ぶことができます。 大人になっても「知らないことを知りたい!」という、「学ぶ」楽しさを理解することで様々なことに好奇心を持ち勉強し色々な知識や資格を身につけることより社会で活躍できるようになります。

「学ぶ」楽しさを理解し実感することで、お子さんの将来の可能性は大きく広がることにつながります。

やる気ない子にスパルタ勉強は効果あるのか?!

「勉強嫌いでやる気がない子なので、スパルタでビシビシ厳しく教えて下さい!!」「ウチの子、全く勉強しないので、とにかく大量に宿題をやらせて下さい!!」

このように、勉強のやる気がないお子さんに対してご要望される、お父さまお母さまも多くいらっしゃいます。

しかし、勉強のやる気がないお子さんに大量の宿題を無理矢理やらせスパルタで厳しく勉強させることで、お子さんはやる気になるのでしょうか?

実は、そうではありません。

たとえば、普段、勉強しないお子さんに大量の宿題を出したとしても、、、宿題の量に嫌気がさし答えを丸写しするようになり全く力になりません。スパルタで厳しく勉強させたとしても、お子さんの自信とやる気は失われ、どんどん勉強嫌いになります。

 

お子さんの性格や個性がそれぞれあるように、勉強方法にも十人十色さまざまあります。お子さんに本当に合った勉強方法を見つけ「わかる」喜び「できる」楽しさを理解し自信を持たせることが大切です。

家庭教師のぽぷらでは、お子さん一人ひとりの性格や個性を大切にし、お子さんが「わからない」「できない」を理解できるまで愛情持ってとことん教えることに力を注いでいます。

 

お子さんの「わかる!」「できる!」といった理解を一つひとつ確実に増やしていくことにより、お子さんのやる気を引き出しているのです。 

 

「スモールステップ勉強法」でやる気のスイッチオン!!

学校の授業で習ったことを、あやふやな理解のままにしていると勉強につまずき、お子さんのやる気を失うことにつながります。

お子さんのやる気を持たせるには、小さな階段を一段一段昇るように、「できる」「わかる」を1つひとつ確実に増やすことがなにより大切です。 

そこで、家庭教師のぽぷらでは「スモールステップ勉強法」を取り入れ、お子さんのやる気スイッチをオン!にしています。

スモールステップ勉強法

お子さんが「わからない」を「わかった!」になるまで愛情持ってとことん教えていきます。 そのために、お子さんが今「わからない」ことだけに絞って教えるのではなく、お子さんが「わかる」ところ基礎までさかのぼり教えています。

 

たとえば、算数なら小学6年生で習う分数小数の混合計算が理解できなければ、小学5年の分数小数の乗除、小学4年生の加減法の計算にさかのぼります。   それでも理解できていなければ、小学3年生の分数小数の基礎(意味、表し方)の基礎まで戻っていく場合があります。

お子さんが「わからない」ことは「わかる」単元の基礎までさかのぼることにより、お子さんが「こうすればいい!」という気付きがうまれます。

この気付きが次へのステップにつながり、今まで、わからなかったことが「わかる」ようになった喜びは、 

「わかる!」→「できる!おもしろい!」→「もっと勉強したい!!」という成績アップのサイクルを生み、今まで苦手だった勉強が楽しく自信を持って取り組めるようになります。

 

『わかる!』喜び『できる!』楽しさを体験授業で実感できます!

お子さんに勉強の「わかる」喜び「できる」楽しさを実感してもらうために、ぽぷらの家庭教師では体験授業を行っています。

1対1の完全個別指導だからこそ、お子さんの学習状況や性格、個性に合わせて指導しています。お子さんの「わからない!」「できない!」というイライラを「わかった!」「できる!」に変え、勉強本来の楽しさや面白さが実感できます! 

 

ぽぷらの体験授業は、実際にお子さんを担当する先生での体験授業になるため、お子さんと担当の家庭教師の相性が合うか? 教え方が合うか?を実際に体感できます!

他社の家庭教師センターでの体験授業では、学習アドバイザーが訪問し、契約後に担当の家庭教師を紹介することになります。ここが他社と大きな違いです。

 

また、料金についても体験前に事前にお伝えしているため、ご家庭からも「安心して体験授業を受けられる」と喜んで頂いています。

もちろん、体験授業を受けて頂いて、本当に気に入って頂いた時だけご入会になります。ご安心して体験授業を受けてみて下さい。

もし、万が一、体験授業で担当の家庭教師の先生と相性や教え方が合わない場合は無料で交代できます。ぜひ、体験授業を試して下さい。

無料体験授業のお申込方法は2つです

電話でお問い合わせをする