家庭教師ぽぷら:ロゴ

News新着情報

2020.10.20 (Tue)生活スタイル

子どもが自分から勉強するようになる生活環境を整える!

子供が自分から勉強するようになる生活環境を整える!

こんにちは、
家庭教師ぽぷら 代表小村康宣です。

 
 

さて今回は

子どもが自分から勉強するようになる生活環境を整える!

というテーマでお伝えしたいと思います。

 
 

いつもゲームやスマホばかりで全く勉強しない。。。 

 
 

そんなお子さんの姿を見ていると

イライラとストレスが溜まり

つい “勉強しなさい!!”

と怒ってしまう。。。 

 
 

すると
お子さんも、「今やろうとしたのに!!」 

とムキになり、結局は親子ゲンカが始まる。

 
 

本当は
勉強のことでガミガミ言っても
勉強しない事はわかっているのに言ってしまう。。

 
 

こんなことを繰り返していませんか?? 

 
 

ゲームやスマホばかりで遊んでいる
お子さんが自分から勉強するようになれば

親子共々、ストレスから開放されます。

 
 

そこで、今回は
お子さん自ら勉強するようになるために
必要な生活環境のポイントをご紹介します。

 
 

意外のみ生活環境を少し改善することでも
お子さん自ら勉強するようになるのです。

部屋の模様替えで生活環境を整える。

お子さんが
集中して勉強するために必要なこととして、
生活環境を整えることが挙げられます。

 
 

これって意外にも
あまり気にされていない方も多くいます。

 
 

でも生活環境を少し整えるだけで
勉強に取り組めるようになるのです。 

 
 

そこで生活環境を整えるために、
お子さんの部屋の模様替えをしてみてはいかがでしょうか。

 
 

部屋の模様替えを少しするだけでも気分一新されるため、
お子さんも新たな気持ちで勉強もがんばろうと思えるきっかになります。

 
 

そこで部屋の模様替えをするときに、
お子さんが集中して勉強できるようになる
4つのポイントをご紹介します。

 
 

子供が集中して勉強するための4つのポイント

1・机の上には物を置かない

2・本棚は机の近く置かない

3・ベットは机の真後ろに置く。

4・なんでもボックスを用意する。

 
 

1・机の上には物を置かない

机の上に写真やゲーム、
アニメのキャラクターを置かないようにすることが大切です。

なぜなら
勉強している最中に
写真やアニメのキャラクターが視野に入ると、
ふとした瞬間に集中力が途切れてしまいます。

 
 

そうすると、
写真を見て
「この時は楽しかったな」
とその時の情景を思い出したり、

アニメのキャラクターのことを
思い出し物思いにふけってしまうからです。

 
 

また、シャーペンや色鉛筆や
消しゴムなどの文房具なども必要なもの以外は出さないことです。

自分が好きな文房具が
目の届く所になると遊んでしまうこともあるからです。

 
 

そして
今自分が勉強する教科以外の教科書や
プリントも机の上に出さないようにすこと。

 
 

これも同じように
他の教科書やプリントが視野に入ることで
意識がその科目に脱線するようになるです。

 
 

机の上には、
写真や自分が好きなキャラクターは置かないようにし、

今勉強する教科の教科書やプリント以外は
カバンに入れるようにしていきましょう。

 
 

2・本棚は机の近く置かない

勉強できる子になるために
沢山の本を読んでほしいと親なら誰もが思うはず。

 
 

そのために
子供部屋に本棚を置くことあるのではないでしょうか。

しかし

この本棚の置く場所を気をつける必要があります。 

なぜなら、
勉強する机の周辺に本棚を置くと、

勉強している最中に本棚が視野に入り
集中力が途切れてしまう原因になります。

勉強している最中に
息抜きのつもりで5分だけ休憩と思い、
本棚から漫画を取り出してしまうことがあるからです。

 
 

これを防ぐには
勉強する机の周りには本棚を置かないこと。 

もし部屋の間取り上、
机の周辺に本棚を置くようであれば
本棚にカーテンをつけることで
意識が本棚に行かなくなり集中できる環境が整います。

 
 

3・ベットは机の真後ろに置く

勉強中に一番目に入れたくないものがベットです。 

なぜなら、脳はベットを見ると「睡眠」を思い出します。

そうすると、
勉強意欲がなくなるため
ベットは机の横には置かず、
机の真後ろにすることがベストです。

 
 

4・なんでもボックスを用意する。

勉強する時に
机の上に沢山の物が置いてあると、
それを一つ一つ片付けてから勉強しようとする場合があります。

 
 

片付けすることはとてもいいことですが、
勉強する前に片付けをしようとすると
意識が片付ける方に移るため、

片付けすることや掃除が
メインになってしまうことがあるからです。

 
 

せっかく勉強しようと思い行動したことが、
片付けに意識を持っていくことになるため非常に残念ですよね。

 
 

ですので、
まずは机の上に物がある時には
一時的でいいのでボックスに全て入れること。 

教科書やワーク、漫画本や文房具なども
とにかくボックスに入れることです。 

まとめて一気に入れること。

 
 

そうすることで、
「ガサッ」と音がすることにより
勉強する気持ちにもスイッチが入ることができます。

 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お子さんの部屋の模様替えをするだけでも
気分一新になり勉強のやる気にスイッチが入ります。

 
 

そして4つのポイントを押さえて
模様替えすることにより

お子さんが勉強に集中する環境を整えることができるのです。

 
 

ぜひ、この機会にお子さんの部屋の模様替えをして
勉強できる環境を作ってみてはいかがでしょうか。

 
 

それでは最後までお読みいただき心より感謝いたします。

 
 

#子供部屋模様替え  #集中する生活環境  #勉強集中

家庭教師ぽぷらは、兵庫県(神戸)、大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、岡山県、広島県で小中高生を対象に家庭教師を紹介しています。
お子さまの勉強でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

Support

サポート情報