子どものやる気を引き出す言葉

対話スタイル

更新日:2017年10月27日

投稿日:2017年10月22日

グロースアップクラブは、親子のコミュニケーションサイト 家庭教師のぽぷらが運営しています。 

子どものやる気を引き出す言葉

子育てにおいて、子どものやる気を引き出すためには、子どもの良いところを見つけて褒めることが大切だと言われます。しかし実際には、子どものダメなところばかりに目がいき、やる気をくじく言葉を言っていることが多いのではないでしょうか。 

なぜなら、親は子どもに、より良い人生を過ごしてほしい、失敗してほしくない、という理想があります。その理想が強くなればなるほど、今の子どもの現実と理想とのギャップで子どものやる気をくじく言葉を言ってしまうのです。 

 
 

それでは、子どものやる気を引き出す言葉とやる気をくじく言葉の違いについてお伝えします。 

 
 

やる気をくじく言葉とは?

子どものやる気を引き出す言葉と、やる気をくじく言葉の違いについて詳しくお伝えします。

まず、やる気をくじく言葉について、 やる気をくじく言葉とは、子どものやる気を奪いとる言葉となります。 それは、子どもに対して、ダメ出し、批判、嫌み、感情的に怒るということです。 

 
 

具体的には、

○罪を与える

「テストの点数が悪かったら部活禁止するからね!」 

 
 

○感情的に怒る

「なんで勉強しないの!!早く勉強しなさい!」

 
 

○同じことをくどくど言う

「ちゃんと宿題の提出物は出したの!?いつも言わないとやらないんだから!!」

 
 

○子どもの課題に口を出す

「なんで、こんな簡単なこともできないの!早くしなさい!」 

 
 

○禁止する。

「当分の間は、ゲーム禁止ね!」「勉強しないとスマホ禁止!」

 
 

○悪いところばかりダメ出しされる

「社会の点数が良くても、英語の点数があれじゃあね・・」

 
 

○人比べる

「お兄ちゃんの時は、こんな点数を取ってきたことなかったのに・・」

 
 

いかがでしょうか。 普段、このような言葉をお子さんにかけていませんか? 

実は、このような言葉を無意識に言っていることが多くあります。

やる気をくじく言葉は、お子さんに限らず大人でも言われ続けると、やる気を失いますよね。しかもやる気だけに限らず自信をも失うことにもつながるのです。

親が子どもへの理想と現実とのギャップが大きくなればなるほど、やる気をくじく言葉が多くなります。そして物事を正しい悪いと判断してジャッジしようとする時も、ダメ出し、批判、嫌み、感情的に怒るということが出やすくなります。

 
 

そのために、理想と現実とのギャップが大きくなったとしても、子どもをコントロールしようとせず、今の状況を受け入れること。そして、正しい悪いという判断をせず事象をあるがまま受け入れることです。 

そうすることで、お子さんに対して、やる気をくじく言葉が少なくなります。 

 
 

やる気を引き出す言葉

やる気をくじく言葉をご紹介しましたが、次には、子どものやる気を引き出す言葉とは、どのようなものなのでしょうか。 

子どものやる気を引き出すためには、子どもの良いところをみつけて褒めることも大切ですが、褒めるだけではなく別の言葉かけでも、やる気を引き出すことができます。  

 
 

具体的には、

○認める

「部活が忙しいのに、その合間をみてよく勉強したね」 

「○○がよくがやっているの知ってるよ」

 
 

○限定する

何か行動する時、「とりあえず、○○だけ頑張ってみたら」と限定してみる。

 
 

○たんに頑張れだけじゃなく、具体的にアドバイスをする。

子どもの話を聴いて「こうやってみたら」と具体的にアドバイス

 
 

○一緒に考える

何か困っている時に「一緒に考えようか」と相談に乗る。

 
 

○喜び感謝を伝える

「○○が、がんばっている姿をみていると、お母さんも嬉しいわ」 

「いつも、手伝ってくれてありがとう」

 
 

子どものやる気を引き出す言葉は、褒めるだけではなく、それぞれの状況に応じて言葉をかけることが大切です。

 
 

やる気をくじく言葉とやる気を引き出す言葉の違いは、理解していただけましたか。 

やる気をくじく言葉は、親が上の立場で子どもが下の立場のニュアンスで言っていることが多いです。それに比べて、やる気を引き出す言葉というのは、子どもと対等な立場になり伝えているということになります。 親は子どもより人生経験が長いだけに親の人生経験を元に物事を判断してしまいがちです。そのため、無意識に親が子どもより上の立場で物事を考えてしまうというのはある意味あたりまえなのかもしれません。   

もし、やる気をくじく言葉が多くなっているようであれば、子どもと対等な立場で接しているのか。というのを意識して言葉かけをしてみてはいかがでしょうか。 

 
 

まとめ

いかがでしたか。  やる気を引き出す言葉は、子どもを褒めるだけではなく、子どもと対等な立場で接し言葉をかけることで、やる気を引き出すことができます。 

しかし、子どもが親の思い通りにいかないということで、親が子どもをコントロールしようとすればするほど、やる気をくじく言葉をかけてしまうことが多くなります。

ですので、親が子どもより上の立場で接するよりも、子どもと対等な立場で接することで、子どもの本当のやる気を引き出すことが出来るようになります。 

そして、今後、子どもとどういう親子関係を築いていきたいのか?ということをご自身に質問することで、子どもへの言葉かけも違ってくるのではないでしょうか。

ぜひ、この機会に、子どもへの接し方を考えてみてはいかがでしょうか。 

 
 

それでは、最後までお読みいただき心より感謝いたします。 

 
 

グローズアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りする、3つの成長力、やる気力や理解力、習慣力をグッと伸ばす親子のコミュニーケーションサイトです。

お子さんの成長力を高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。 お子さんの成長力グッと伸ばすヒントとしてお役立てください。   メルマガ登録フォームはこちらから>>

 
 

#子どものやる気を引き出す  #子どものやる気をくじく言葉 

日々の生活が忙しいと忘れてしまう「子供の接し方」4

家庭教師のぽぷらは、兵庫県大阪府京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。   兵庫県では、神戸市西宮市尼崎市伊丹市川西市宝塚市三田市明石市加古川市姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 お気軽にご相談下さい。

The following two tabs change content below.
家庭教師のぽぷら 代表|グロースアップクラブ、お子さんの将来に大切な3つ成長力 やる気力や理解力、習慣力をグッと伸ばす親子のコミュニケーションサイトを運営。20年以上に渡り家庭教師業界に携わる。10000以上の家庭と接してきて成績が良い子と悪い子の違いは家庭教育にあると実感。教育心理学、コーチングを勉強し、親御さんに役立つ家庭教育情報を発信。 趣味はマラソン 過去4回フルマラソンを完走。

関連記事

親の命令口調は子供には逆効果

対話スタイル

親の命令口調は子供には逆効果

2017年10月15日

グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りするお子さんの3つ成長力をグッと伸ばす親子のコミュニュケーションサイト|小中学生対象の家庭教師派遣   親の命令口調は子供には逆効果   「いつも同じことを言っているのに、言 …

子供を伸ばすためには「○○すること」を褒める!

未来スタイル

子供を伸ばすためには「○○すること」を褒める!

2017年10月27日

子供を伸ばすためには「○○すること」を褒める! 子供を伸ばすために大切なこと。それは褒めることがとても重要と言われています。      しかし、毎日一緒に暮らしていると、お子さんの良いことより悪いことばかりが目立ち、良い …

子どもの可能性を伸ばすために必要なこと

未来スタイル

子どもの可能性を伸ばすために必要なこと

2017年10月27日

 子どもの可能性を伸ばすために必要なこととは?     「こんなことが出来る!」 「こんなことしか出来ない・・」   お子さんは普段、どちらの言葉をよく使いますか??     「こんなことが出来る」というのは、自分には可 …

子供の感情を受けとめることの大切さ

未来スタイル

子供の感情を受けとめることの大切さ

2017年10月31日

子供の感情を受けとめることの大切さ 部活の試合前や習い事の発表会の時に、お子さんが「緊張する!!」「出来るか自信がない!!」「出来るか不安!!」と言ってきた時、 あなたなら、どのようにお子さんに伝えますか?     私た …

勉強に集中できないのはどうして?! 

学びスタイル

勉強に集中できないのはどうして?! 

2017年10月16日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強に集中できないのはどうして?!   定期テスト前や受験勉強の時、集中して勉強できればスムーズに勉強がはかどり実力として身につきます …

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

未来スタイル

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト   褒めるだけだと子供はダメになるのは本当!? 子育てで大切なこと、それは子供の良いところを見つけて褒めて伸ばすことが大切だと言われま …

子どもの勉強を習慣づけるコツ

学びスタイル

子どもの勉強を習慣づけるコツ

2017年11月6日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強習慣つけるためには、どのようにすればいいでしょうか。     「遊んでばっかりで勉強しない」   「いつも勉強しさない!と言わない …