勉強しない子供に罰を与えても勉強しなくだけ

学びスタイル

更新日:2017年10月6日

投稿日:2017年4月18日

グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト|ぽぷら小中学生を対象に家庭教師派遣|

 勉強しない子供に罰を与えて本当に勉強するようになるの?

 

「テストで悪い点数を取ってきたとき」
「成績が下がり悪くなったとき」
お子さんにどのように接していますか。

 
 

たとえば、お子さんがいつもテレビやスマホで遊んでばかりいるなら、「いつも遊んでばっかりで勉強しないからよ!」と強く叱るのではないでしょうか。

 
 

叱った数日間は机に向かい勉強するけど数日経ったら、遊んでばっかりので勉強しない元の生活に戻ってしまう。 

 

そんなことを繰り返してしませんか? 

 
 

このような状況から、どうすればお子さんは自分から勉強するようになるのでしょうか。

 

https://growthup.club/2017/04/18/kodomonibatsu/1

勉強しない子に罰を与えると効果があるのか? 

普段から勉強もせずにテレビやスマホやマンガばかりで遊んでばかりいる生活だとテストの成績が悪くなるのは当然の結果です。

 
 

でも、お子さんに「勉強しなさい!」と強く叱っても反抗するばかりだし、勉強のことを言わないと遊んでばかりで全く勉強しなくなる。。。

 
 

いったいどうすればいいの?とお困りではないでしょうか。  

 
 

そこで、勉強しない子に強制的に勉強させる手段としてするのが、お子さんに罰を与えて勉強させるということです。 

 
 

お子さんが全く勉強しないからという理由で

・ゲームやスマホを禁止する 

・部活動を休部させる

・友達と遊ぶことを禁止する

・日曜日に外出禁止する

・漫画やテレビを禁止する

 
 

このようにお子さんがあまりにも勉強しないからという理由でお子さんに罰を与えて勉強させようとすることはありませんか?? 

 
 

実は、罰を与えて勉強させようとしても、ほとんどが逆効果になり、ますます勉強しないという悪循環に陥るのです。 

 
 

そしてお子さんが勉強しないからということで『強く叱った』としても罰を与えると同じようにお子さんはますます勉強しなくなります。 

 

https://growthup.club/2017/04/18/kodomonibatsu/2

 

それでは、なぜ、罰を与えて勉強させようとしても逆効果になるのでしょうか。 

 
 

お子さんが勉強しないからという理由で罰を与え行動させようとすると、『お子さんの価値を否定する』ことになります。 

 
 

そうすると、お子さんは「自分の価値を否定された」と受け取り勇気をくじかれることになるため、やる気や自信が持てなくなります。

 
 

そして勉強のやる気も失われ、ますます勉強から逃げるようになるのです。 また人に罰を与え人を動かそうするのは、自分の支配下に人を置いてコントロールすることになります。 

 
 

親の支配下でコントロールされていると、お子さんも無意識にコントロールされていると感じ取り、その支配から逃れようとする行動に起こします。 それが親に反発するという行動です。 

 
 

ですので、勉強しないからといって親が罰を与えて勉強させようとしても、ますます逆効果になるだけです。

 
 

それではどのようにすればいいでしょうか? 

 
 

まずは、テストが悪かった、成績が下がったという『結果』に対して罰を与えたり叱ったりしないこと。 

 

つまり「結果」を評価しないようにすることです。 

結果を評価するよりも途中過程を評価するようにする。 

 
 

普段、勉強しないようであれば「どのようにすれば勉強ができるようになるのか」をお子さんと一緒に考えることが大切になります。 そして勉強だけを評価するのではなく普段の生活態度そのものを評価したり遊びも評価すること。 

 お子さんが出来ることや得意分野や長所を見つけてあげることで、それがお子さんの自信になるからです。 
 
 

そして「自分の子は、本当は勉強が出来るはずだと信じてあげること」が何より大切になります。

 

親がお子さんの可能性を信じてあげることで、それがお子さんに無意識に伝わり、お子さん自らの可能性を信じることになるからです。 

 

https://growthup.club/2017/04/18/kodomonibatsu/3

まとめ

子育てにおいて、親は子供より人生経験が長いだけに親の言う通りにすれば失敗もせずに上手くいく。そのために親の言う通りに子供を動かしたい、その方が結果的に子供が良くなるという考え方もあります。

 
 

もちろん親の方が人生経験が長いだけにある程度の未来予想はつくと思いますが、そうすることでお子さんの可能性を狭めることになりかねないと思います。

 

なぜなら、お子さんは人生の中でたくさんの失敗を重ねて成長していくものだからです。 その失敗を親が奪い取ってしまうと、成長する機会を失うことになるのではないでしょうか。

 

失敗は成功の糧になります。 

 

失敗を受け入れ、そしてその失敗を次に生かすためにはどのようにすればいいのか? 親子で一緒に考えられるようになれば、お子さんが自ら成長へと進んでいけるようになるのではないでしょうか。 

 
 
 

それでは最後までお読みいただき心より感謝いたします。 

 

グローズアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りする、3つの成長力「やる気力」「理解力」「習慣力」をグッと伸ばす親子のコミュニーケーションサイトです。

 

お子さんの成長力を高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。

お子さんの成長力グッと伸ばすヒントとしてお役立てください。  

メルマガ登録フォームはこちらから>>  

 

 

【この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています】

モノで釣って勉強させるのは逆効果になる

勉強が三日坊主にならない方法

子どもが勉強嫌いになる原因とは?!

#勉強しない子供に罰を与えても勉強しなくだけ  #子供の可能性を信じる

https://growthup.club/2017/04/18/kodomonibatsu/4

家庭教師のぽぷらは、兵庫県大阪府京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。

関連記事

親の命令口調は子供には逆効果

対話スタイル

親の命令口調は子供には逆効果

2017年10月15日

グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りするお子さんの3つ成長力をグッと伸ばす親子のコミュニュケーションサイト|小中学生対象の家庭教師派遣   親の命令口調は子供には逆効果   「いつも同じことを言っているのに、言 …

子どものやる気を引き出す言葉

対話スタイル

子どものやる気を引き出す言葉

2017年10月22日

グロースアップクラブは、親子のコミュニケーションサイト 家庭教師のぽぷらが運営しています。  子どものやる気を引き出す言葉 子育てにおいて、子どものやる気を引き出すためには、子どもの良いところを見つけて褒めることが大切だ …

子どもの可能性を伸ばすために必要なこと

未来スタイル

子どもの可能性を伸ばすために必要なこと

2017年10月13日

 子どもの可能性を伸ばすために必要なこととは?     「こんなことが出来る!」 「こんなことしか出来ない・・」   お子さんは普段、どちらの言葉をよく使いますか??     「こんなことが出来る」というのは、自分には可 …

子供の感情を受けとめることの大切さ

未来スタイル

子供の感情を受けとめることの大切さ

2017年10月13日

子供の感情を受けとめることの大切さ 部活の試合前や習い事の発表会の時に、お子さんが「緊張する!!」「出来るか自信がない!!」「出来るか不安!!」と言ってきた時、 あなたなら、どのようにお子さんに伝えますか?     私た …

勉強に集中できないのはどうして?! 

学びスタイル

勉強に集中できないのはどうして?! 

2017年10月16日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強に集中できないのはどうして?!   定期テスト前や受験勉強の時、集中して勉強できればスムーズに勉強がはかどり実力として身につきます …

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

未来スタイル

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト   褒めるだけだと子供はダメになるのは本当!? 子育てで大切なこと、それは子供の良いところを見つけて褒めて伸ばすことが大切だと言われま …

子どもの勉強を習慣づけるコツ

学びスタイル

子どもの勉強を習慣づけるコツ

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強習慣つけるためには、どのようにすればいいでしょうか。     「遊んでばっかりで勉強しない」   「いつも勉強しさない!と言わない …