家庭教師ぽぷら:ロゴ

News新着情報

2020.8.2 (Sun)対話スタイル

子どもが伸びる褒め方、伸びない褒め方

子どもが伸びる褒め方、伸びない褒め方の違いとは?

こんにちは、家庭教師ぽぷら
代表 小村康宣です。

 
 

さて今回のテーマは

【子どもが伸びる褒め方、伸びない褒め方】

というテーマでお伝えします。

 
 

子育てに限らず仕事でも人間関係でも
人の良いところを見つけて褒めることは
とても大切なことです。

 
 

褒めることでお子さんは、

 「もっとがんばろう!」  
 
 「認められた!」
   
 「嬉しい!」 

と気分が良くなり
自己肯定感が高まりやる気や
自信を持てお子さんの良さを引き出すことにもつながります。

 
 


でも、この褒め方によって

伸びる子と伸びない子の差が出るのはご存知ですか?

 
 

褒め方によって
お子さんが伸びる伸びないが出るとすれば、

当然、お子さんが伸びる褒め方をしていきたいですよね。

 
 

それでは、
お子さんを褒め方て伸ばす本当のコツをお伝えします。

 
 

伸びる子、伸びない子の褒め方とは??

お子さんの良さを引き出すために
良いことに注目して褒めることは本当に大切なことです。

 
 

褒めることで
お子さんは自己肯定感が高まり
自主的に行動できるようになります。

 
 

すると、

失敗を恐れずに色々なことにも
積極的にチャレンジできるようになり

あらゆる経験を通して学び成長していきます。

 
 

しかし、褒め方によっては、

お子さんの自主的が失われ
失敗することを恐れ消極的な行動しか
出来なくなるお子さんもいます。

 
 

では、
この「伸びる子が育つ褒め方」と

「伸びない子が育つ褒め方」

は一体何が違うのでしょうか?

 
 

たとえば、
お子さんが家事のお手伝いをしてくれたとします。

 
 

その時は、
あなたはどのようにお子さんを褒めますか??

 
 

(例)

1・○○ちゃんは、掃除を手伝ってくれてイイ子だね!

2・掃除を手伝ってくれてありがとう!お母さん嬉しいよ!

 
 

お子さんを褒める時、1と2では、どちらで褒めていますか?

 
 

この1と2の褒め方の違いとは、

「YOUメッセージで褒める」と「Iメッセージで褒める」

の違いになります。

 
 

「YOUメッセージ」と「Iメッセージ」って何?? 

と疑問に思われる方も
いらっしゃるので簡単に説明すると、

これは、主語が、YOU(あなた)と I(私)の違いです。

 
 

YOUメッセージとは、
あなた(お子さん)が主語になり
発せられるメッセージで

Iメッセージとは、
私が主語になり発せられるメッセージになります。

 
 

「YOUメッセージで褒める」
というのはどういうことなのか?

主語が、YOU(あなた(お子さん))になり褒めることです。

 
 

あなたは、
「イイ子だね」「すごいね」「あなたは○○だね」

というメッセージになり、

主語が相手(お子さん)になりますので
お子さんを評価していることになります。

 
 

一方、「Iメッセージで褒める」というのは、
主語が I(わたし)になり褒めることです。

 
 

わたしは、
「嬉しいわー」「ありがとう」「助かったわ」

主語のわたし(親御さん)が
感じたことをそのままをメッセージで伝えることになります。

 
 

少しの違いのように思いますが、
  
  
「YOUメッセージで褒める」のと「Iメッセージで褒める」では
    

ニュアンスが違いますので
お子さんへの伝わり方も大きく違ってきます。

 
 

それでは、
「YOUメッセージで褒める」のと「Iメッセージで褒める」とでは

お子さんにどのような伝わり
どのような影響を与えることになるでしょうか。

 
 

褒め方でどのように影響するの?

それでは、

「YOUメッセージで褒める」のと「Iメッセージで褒める」のでは、

お子さんにどのような影響を与えるのでしょうか。

 
 

「YOUメッセージで褒めた」場合は、
相手を評価し人格をも褒めることになります。

 
 

「YOUメッセージで褒め続ける」と、、、

「お手伝いをすれば褒めてもらえる。
次も褒めてもらいたいからお手伝いをする」ということにつながります。

 
 

そして
周りからの評価を気にするようになり、
褒めてもらうための行動をするようになります。 

 
 

褒められたらOK、
褒められなかったらNGとショックで落ち込むようになり、

やがて自主的に行動することを制限するようになります。

 
 


つまり、周りの評価ばかりを気にするようになるのです。

 
 

「Iメッセージで褒め続けた」場合は、自分の気持ちを伝えお子さんの行動を褒めることになります。

 
 

「Iメッセージで褒め続ける」と、、、

 
 

手伝うと喜ぶと認識し
「こうするとお母さんは喜ぶだな」ということがわかるようになります。

 
 

そして
人が喜ぶためにはどういう行動を
すればいいのかがわかるようにもなります。

また、人が喜んでもらうことが自分でもできる、
人のために自分も役に立つことができると実感できます。

 
 

人は、自分の行動が
相手の役に立ち喜ばれるとわかれば

自分の意思で相手が喜ぶような行動を
自主的にするようになります。

 
 

つまり、自分で考え自主的に行動できる子になるのです。

 
 

このように
「YOUメセージで褒める」のと「Iメッセージで褒める」のでは、

お子さんが自主的に考え行動するようになるか、

それとも
大人や周りの評価ばかりを気にするようになるか、

お子さんの成長に大きな影響を与えることになります。

 
 

お子さんに
どのような褒め方をしているかを
一度見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

 
 

 ま と め 

「Iメセージで褒める」ことで
お子さんが自主的に行動できる子になるとお伝えしました。

 
 

でも、褒めるだけじゃない時、
当然、ダメな時や叱る時もあります。 

 
 

その時にも「Iメッセージ」で伝えることが効果的です。

 
 

たとえば、お子さんができていない時には、
「Iメッセージ」で主語がわたしの気持ちを伝えることです。

 
 

「残念だわ〜」「悔しいわ〜」「悲しいわ〜」

 
 

このように感情を伝えることで、お子さんにわかりやすく伝わります。

 
 

お子さんからすれば 

「こういうことをしたら、お母さんは悲しむんだな」

ということがわかり、
次から同じような悲しませる行動をしなくなります。

 
 

お子さんに対して、
日頃から「Iメッセージで伝える」ことで、

お子さんも人のために
何かでき役立つ存在だとわかれば、

お子さん自身に自信が持て
自分を好きなれ存在価値を感じられるようになります。

 
 

そうすることで、
どうすれば相手は喜ぶかということを
自主的に考え行動する子に育ちます。

 
 

ぜひ、お子さんが伸びていけるような褒め方を実践してみて下さい。

 
 

それでは、最後までお読みいただき心より感謝いたします。

 
 

家庭教のぽぷらでは、小中高生のお子さんに

将来大切になる3つの成長力
「やる気力」「理解力」「習慣力」

を身につける指導を行っています。

 
 

#子どもの褒め方 #成長   #家庭教師 #ぽぷら

家庭教師ぽぷらは、兵庫県(神戸)、大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、岡山県、広島県で小中高生を対象に家庭教師を紹介しています。

お子さまの勉強でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

Support

サポート情報