子供に「生活を整える力」身につけさせる。

生活スタイル

更新日:2017年10月16日

投稿日:2017年3月3日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト|

子供に「生活を整える力」身につけさせる。

「うちの子、スマホでYouTubeばっかりやって夜遅くまで起きているんです。。。」

「うちの子、ゲームやスマホに何時間をやっっているんです。。。」 

お子さんは、ゲーム、スマホ、TVに夢中になり、夜遅くまで起きていませんか?? 

 
 

スマホやTVなどに夢中になっていると、あっという間に時間が過ぎてしまっている。。。これはお子さんに限らず大人でもありますよね。 

しかし、これが日常になってしまうと、いつの間にか生活が不規則になり睡眠不足の状態が続き、結果的に集中力が欠如し成績に悪影響を及ぼすことになります。 

そこで「生活を整える力」の身につけ方をお伝えします。 

growthup.club/2017/03/03/子供に「生活を整える力」身につけさせる1

生活を整える力を身につける。

中学生のお子さんなら、「中学3年生になったら勉強をがんばろう!!」と思っているお子さんも少なくありません。 しかし実際に中学3年生になれると、

部活などが忙しく思ったように集中して勉強できずにズルズル時間だけが過ぎ去ったというケースも少なくありません。 

だからこそ、今から時間の使い方を見直し計画を立て行動していくことにより、お子さんの生活を整える力を身につけることができます。 

 
 

その方法の一つとして、手帳を使って計画を立てることが挙げられます。 手帳を使うことで自分自身の時間を管理して計画を立てることができ、それがお子さんの自立心を養うことにつながります。そのため最近では手帳を導入する中学校も増えているようです。 

 
 

「でも、中学生に手帳なんて早いのでは・・?」と思われるかもしれません。

 

しかし、手帳を使うことで、自らの生活を記録し振り返え、計画を立てる。 そして実行する。 この『計画、実行、振り返る、』というサイクルを作るには手帳が非常に役立つのです。 

 
 

手帳は毎日使うことで自己管理に必要な基本動作が習慣化し自己管理力が身につくという効果があります。 そのため時間を整えるには非常に役立ちます。 

しかし最初から計画を立てるのではなく、ますは自分の生活記録をつけることから始めることがポイントです。 いきなり未来の予定を立てるよりも、その日にあった事実を書く方が取り組みやすくなるからです。 たとえば、部活が何時まであり何時に帰宅したのか、食事、お風呂、就寝時間、起床時間を全て記入する。  そうすることで自由に使える時間も見えてくるようになります。 

そして、その日にあった事実を書くことに慣れてきたら、次は「未来の予定」を書いてみる。   起床時間、部活などの予定、食事、お風呂など細かく書いてみたらいいでしょう。 当然、お子さん自身のゲームや遊びなどの自由時間を書くことも大切です。 

「未来の予定」を書くときに、良いことばかりを書こうとすることがあります。 勉強時間を1時間するとか、、、遊びや自由時間はなしとか、、、    でも、それでは予定が予定のままで実行することができません。

ですので、勉強時間を急に長くしないこと。 今まで勉強時間が、0分なら5分から実行してみる。 それが出来るようになれば、少しずつ時間を増やすことです。 そして、当然遊びや自由時間も組み込むことが大切です。そうすることで生活のメリハリを実感できるようになるからです。 

 
 

そして週の終わりには、自らの行動を振り返ることで、自分の時間を使い方の特徴がわかり、自由に使える時間や自分の生活習慣が見えてきます。

 
 

自分ではテレビを見ている時間が少ないようでも実は圧倒的に時間が長いとか、ダラダラしている時間が長いなということもわかるようになります。

 
 

1週間の振り返りをしたら、次は1週間の目標を設定してみることです。たとえば、単語を50個覚える。勉強時間をトータル5時間する。具体的に数値で決めることで達成度がより具体的になります。 

目標を決めて達成できなくても反省し、次はどのようにすればいいのか?と自ら考えること思考力が身につくようにもなり時間を意識する習慣も身につくようになるです。 

growthup.club/2017/03/03/子供に「生活を整える力」身につけさせる2

まとめ

いかがでしたか? 生活を整えるためには、自ら自分の行動を見直す必要がありますが、 これは大人になってからも生活力や仕事力を上げるために必要なスキルの一つでもあります。 

自分で計画を立て行動して振り返る。プラン(Plan) ドゥ(Do) シー(See) ということになります。 

今からPDSサイクルを身につけることができれば、お子さんが社会に出たときに仕事を上手に進めているようになります。 

それが社会を「生きる力」として大切な力の一つになるのではないでしょうか。  

 
 

 
 

ぜひ、この機会にお子さんの生活を整える力を身につけてみてください。 

 
 

それでは最後までお読みいただき心より感謝いたします。 

 
 

「グローズアップクラブ」は家庭教師のぽぷらがお送りする、3つの成長力「やる気力」「理解力」「習慣力」をグッと伸ばす親子のコミュニーケーションサイトです。

 
 

お子さんの成長力を高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。お子さんの成長力グッと伸ばすヒントとしてお役立てください。  

メルマガ登録フォームはこちらから>>  

growthup.club/2017/03/03/子供に「生活を整える力」身につけさせる3

家庭教師のぽぷらは、兵庫県大阪府京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。   兵庫県では、神戸市西宮市尼崎市伊丹市川西市宝塚市三田市明石市加古川市姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 お気軽にご相談下さい。

関連記事

高校受験に向かって中学三年生が本気になった秘密<前編>

家庭教師の指導体験談

高校受験に向かって中学三年生が本気になった秘密<前編>

2018年10月8日

高校受験に向かって中学3年生が本気になった秘密<前編>   こんにちは。 神戸学院大学 薬学部 中村です。     今日は 私が初めて受け持った お子さんの話をしたいと思います。                …

親の命令口調は子供には逆効果

対話スタイル

親の命令口調は子供には逆効果

2018年3月16日

グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りするお子さんの3つ成長力をグッと伸ばす親子のコミュニュケーションサイト|小中学生対象の家庭教師派遣   親の命令口調は子供には逆効果   「いつも同じことを言っているのに、言 …

スマホは勉強にどう影響するの?? 

生活スタイル

スマホは勉強にどう影響するの?? 

2018年9月16日

 スマホは勉強にどう影響する?! こんにちは グロースアップクラブ  代表の小村康宣です^^     さて、今回は ご家庭からご相談されることが多い 「スマホは勉強にどう影響するのか?」 というテーマでお話します。   …

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<後編>

家庭教師の指導体験談

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<後編>

2018年10月6日

こんにちは 家庭教師のぽぷらで講師をしています 神戸大学 福田です。     スマホばかりで全く勉強しなかった 中学3年生 ゆうすけ君(神戸市垂水区)が どのように変わり、やる気になったのか。  後編をお話しします。  …

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<前編>

家庭教師の指導体験談

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<前編>

2018年10月6日

こんにちは 家庭教師のぽぷらで講師をしています 神戸大学 福田です。     今回は 僕が家庭教師として担当している 神戸市垂水区 中学3年生のゆうすけ君の 指導体験談をお話したいと思います。      普段は スマホで …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(後編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(後編)

2018年10月9日

【家庭教師 指導事例】滝川中成績下位から高校進学へ(後編) こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。     神戸市西区 あきら君       中学受験を終えたものの 学習習慣を身に付けていなかった ために成績 …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編)

2018年10月9日

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編) こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。     前回の記事で 滝川中学に通う、中学3年あきら君 (神戸市西区在住)のケースをご紹介しています。   …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編)

2018年10月9日

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編) こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。     最近はめっきり寒くなってきました。 僕の指導している子どもたちも 風邪をひく子がちらほら。 みなさ …