子どもの可能性を伸ばすために必要なこと

未来スタイル

更新日:2017年10月13日

投稿日:2017年10月1日

 子どもの可能性を伸ばすために必要なこととは?

 
 

「こんなことが出来る!」

「こんなことしか出来ない・・」

 

お子さんは普段、どちらの言葉をよく使いますか??

 
 

「こんなことが出来る」というのは、自分には可能性があると思って使っている言葉です。 一方、「こんなことしか出来ない」というのは、どちらかというと自分の可能性を狭めてしまっている状態になります。

 
 

可能性というと、人より抜き出たところがあるとか、人より優れた能力があることだと考えてしまいがちです。しかし可能性というのは、人並みはずれたことや他人には出来ない特殊な能力のことである必要がないのです。

 

growthup.club/2016/11/06/kodomonosutoresu/1

可能性がないと諦める原因とは?

 
 

スポーツや芸術などで活躍している人は、人並みはずれた能力が備わっています。そのため、世界のトップレベルで活躍できます。

 
 

しかし「それに比べ、うちの子はそこまで可能性はないわ〜」と思いがちではないでしょうか。

 
 

実は「うちの子には可能性がない」と親が考えていると、お子さん自身もそれを敏感に感じ「自分には可能性がない」と見切りをつけるようになります。 そして「こんなことしか出来ない自分」というマインドをお子さん自身で作り、本当の可能性を狭めているのです。

 
 

そもそも「うちの子、可能性がないわ〜」と考えてしまうのは、なぜでしょうか??

  

それは、他人や周りと比較してしまうことが原因です。

他人と比較する癖がつくと「うちの子は出来ていない」と出来ないことに目がいくようになり「出来ないことへのダメ出し」ばかりをするようになります。

 
 

ダメ出しばかりされることでお子さん自身も「自分には出来ない」と思うようになり、さらに「こんなことしか出来ない自分」というマインドをさらに強固なものにして狭めるようになります。

 
 

 

「こんなことしか出来ない自分」を克服していくためには、親が、お子さんと他人との比較をやめることが一番大切です。

 
 

growthup.club/2016/11/06/kodomonosutoresu/2

 

他人と比較することをやめると可能性に広がる

 
そもそも可能性とは、今、何か出来ること、何かをする力を持っていることだと思います。 
 

人並み外れたことである必要も、他人には出来ないことが出来る必要もありません。 今、お子さんが出来ること何が出来ているのかに目を向けることが大事です。

 
 

たとえば、元気に学校に通うこと、元気に遊ぶこと、たくさん食べること、よく喋ること、など、今できている当たり前のことに目を向けると、自分の持っている力の大きさに気がつくことが出来るのではないでしょうか。

 

 

そんな当たり前のことができてどうなるの?と思われる方もいるかもしれませんが、人間は自分には何かが出来るということを認めたとき、はじめて次へチャレンジしようする気持ちがうまれます。  これが出来るなら、あればも出来るかもという前向きな姿勢になれます。

 

そして小さなことであっても成功や前進することで、お子さんの可能性は広がり自信も大きくなり、さらに次へチャレンジできるようになります。 この積み重ねが結果的に大きな成果へと結びつくことになるのです。

 
 

そしてお子さんも心の底では、自分の可能性を信じそれを認めたがっています。 しかしお子さん自身では本当に可能性があるかはわかりません。

 

ですので、身近にいる親がお子さんの出来ていることを認めることにより、はじめて自分自身の可能性があると心から認めることができ自信も生まれます。 お子さんは日々の生活で小さな新しいチャレンジや成功や失敗をたくさん繰り返しています。

 
 

小さな成功を一つひとつ認めてあげること。そして失敗を含めた全てがチャレンジの先に可能性が広がっていると気づかせてあげる。

 
 

今日、失敗したことでも、明日は成功するかもしれない。成功したらもっと大きくなるかもしれない。そういう大きな可能性をあなたは持っているよ!  と心から伝えることでお子さん自身も大きな可能性を自ら感じられるようになると思います。

 
 

growthup.club/2016/11/06/kodomonosutoresu/4

 ま と め 

お子さんの可能性を信じるためには、親がお子さんの可能性を信じることから始まります。そして他人と比較しないこと。   お子さんにはお子さんなりの個性や才能を持ち備えています。

 
 

ですので、昨日のお子さんと比べて少しでも出来るようになったこと、前進したことを全て認めることです。 
 

くれぐれも、「そんなことは誰にもできているわよ」「○○さんの方がもっとうまくできているよ」「○○くんはずっと前からできるいるじゃない」 などと言葉をかけてしまうと、当然、お子さんのやる気とチャレンジ精神が失われます。

 
 

こんなことが出来るということを一つひとつ積み重ねれていくことで、将来、お子さんの可能性は大きく開花することにつながるのではないでしょうか。

 
 

ぜひ、ご家庭で実践してみて下さい。

 
 

それでは最後までお読み頂き心より感謝いたします。

 
 

親子のコミュニケーションサイト グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらが運営しています。 

家庭教師のぽぷらでは、小中学生のお子さんに将来大切になる3つの成長力 やる気力や理解力、習慣力を身につける指導を行っています。

 
 

お子さんの成長力をグッと高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。

 
 

ぜひ、お子さんの成長力アップに役立ててください。 

メルマガ登録フォームはこちらから>>

 
 

【この記事を読まれた方は次の記事も読まれています】

・【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

・反抗期の子どもの上手な接し方

 

#可能性 #子供の可能性を伸ばす #中学生 #小学生 #未来  #可能性広がる

growthup.club/2016/11/06/kodomonosutoresu/5

 
 

家庭教師のぽぷらは、兵庫県大阪府、京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。   兵庫県では、神戸市西宮市尼崎市伊丹市川西市宝塚市三田市明石市加古川市姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 お気軽にご相談下さい。

関連記事

親の命令口調は子供には逆効果

対話スタイル

親の命令口調は子供には逆効果

2017年10月15日

グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りするお子さんの3つ成長力をグッと伸ばす親子のコミュニュケーションサイト|小中学生対象の家庭教師派遣   親の命令口調は子供には逆効果   「いつも同じことを言っているのに、言 …

子どものやる気を引き出す言葉

対話スタイル

子どものやる気を引き出す言葉

2017年10月22日

グロースアップクラブは、親子のコミュニケーションサイト 家庭教師のぽぷらが運営しています。  子どものやる気を引き出す言葉 子育てにおいて、子どものやる気を引き出すためには、子どもの良いところを見つけて褒めることが大切だ …

子供の感情を受けとめることの大切さ

未来スタイル

子供の感情を受けとめることの大切さ

2017年10月13日

子供の感情を受けとめることの大切さ 部活の試合前や習い事の発表会の時に、お子さんが「緊張する!!」「出来るか自信がない!!」「出来るか不安!!」と言ってきた時、 あなたなら、どのようにお子さんに伝えますか?     私た …

勉強に集中できないのはどうして?! 

学びスタイル

勉強に集中できないのはどうして?! 

2017年10月16日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強に集中できないのはどうして?!   定期テスト前や受験勉強の時、集中して勉強できればスムーズに勉強がはかどり実力として身につきます …

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

未来スタイル

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト   褒めるだけだと子供はダメになるのは本当!? 子育てで大切なこと、それは子供の良いところを見つけて褒めて伸ばすことが大切だと言われま …

子どもの勉強を習慣づけるコツ

学びスタイル

子どもの勉強を習慣づけるコツ

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強習慣つけるためには、どのようにすればいいでしょうか。     「遊んでばっかりで勉強しない」   「いつも勉強しさない!と言わない …

子供に「頑張れ!」と言っても「頑張れない!!」理由がある

未来スタイル

子供に「頑張れ!」と言っても「頑張れない!!」理由がある

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 子供に「頑張れ!」と言っても「頑張れない!!」理由がある     お子さんを励ます言葉として「がんばれ!!」という言葉を使っていますか …