家庭教師ぽぷら:ロゴ

News新着情報

2017.9.19 (Tue)学びスタイル

記憶力をアップさせる方法| 心を使う7つの暗記法! 

記憶力をアップさせる方法| 心を使えば記憶力がUPする!?

こんにちは
家庭教師 ぽぷら
代表の小村康宣です。

 

さて、今回は
【記憶力をアップさせる方法|
心を使う7つの暗記法!】

というテーマでお話します。

 


「ウチの子
暗記科目が全くダメなんです・・・」


「暗記が
どうしても出来ない・・・」

 

ご家庭から相談される内容として
暗記科目を苦手にしている
お子さんは意外に多いです。

 

例えば
英語の単語、数学の公式、国語の漢字、
社会の年号、理科の化学式など
暗記しないといけないことは
本当に多くありますよね。

 

暗記するための方法として
繰り返し書いて覚える
ということをされていると思います。

 

暗記をする上で
書いて覚えるということは
効果的な暗記の方法の一つになります。

 

なぜなら
手は第二の脳と言われています。


手を動かすことで
脳が活性化されて
記憶力がアップ
するからです。

 

暗記するために
繰り返し書いていけば
定着出来るのですが、、、

 

実際には
この繰り返しするということが

面倒くさくなり
やる気にならない

やっても続かない
ということが
多いのではないでしょうか。

 

しかも
頑張って書いて覚えたのに
テストになると忘れてしまっている・・・

 

そうなると
ますますやる気を失う結果となります。

 

それでは
どうすれば効果的に暗記が
できるようになるのでしょうか。

暗記するのに心を使えばいい??

暗記する方法として
書いて覚える以外の
効果的な方法をご紹介します。

 

脳科学者によれば
スポーツ選手などがよく活用する

「イメージ記憶」

を勉強でも活用すれば
暗記力が
飛躍的にアップするというのです。

 

イメージ記憶」とは
上手くいったことや
成功したことを
何度も頭の中で
繰り返すことにより
記憶が作られ
定着するのです。

 

それでは
このイメージ記憶を
勉強で活用するのは
どうすればいいのかというと

  「心を使う!」

ということをすればいいのです。

 

「心を使う?」と言われても
イマイチピンとこないと思いますので
具体的に
「心を使う7つの暗記法」をご紹介します。

 

「心を使う7つの暗記法」


1・人の話を出来るだけ興味を持ち『感動』して
聞くようにする。

→学校の授業中に「うん!うん!」とうなずきなが聞くと効果的です。

 


2・覚える内容に興味を持ち『好き』になるよう
にする。

→興味がないことでも「うん!うん!」と興味あるように聞いてみる。

 


3・長時間の学習はなるべく避けて『時間を限定
して』集中して覚える。

→1日15分集中して勉強する。

 


4・覚える内容を自分が『得意」なものに関連づ
けて覚える。

→好きな歌のリズムに合わせて替え歌で覚える。

 


5・『声に出して』覚える。

→声に出すことで声が耳入りそれが脳にインプットされる。

 


6・覚えたものは、その日のうちに一度
『目を閉じて声』に出してみる。

→覚えたことを振り返ることで更に記憶が強固になる。

 


7・覚える内容について『自分独自』に考え勉強する。

→自分で考え思考力することで頭の中で整理されたり自分なりの発見があり、それが記憶力をUPになる。

 

いかがでしたか?
「心使う7つの暗記法」の内容の中で、
もうすでに実践していることもあるのではないでしょうか。

 

このように
心を使い覚える」というのは
記憶と連動するように
心を動かすことになり
効果につながるということなのです!!

 

 「うん うん!」ということから始めてみる!

心を使う7つの暗記法」は
意外と簡単な内容だと思いますので
ぜひ、実践してみて下さい。

 

「心を使う7つの暗記法」中で
特に実践してもらいたい内容を
お伝えしたい思います。

 

勉強する時間の中で
一番重要な時間は
学校の授業
になります。

 

なぜなら
学校の先生が
学習内容を解説してくれるため
授業をしっかり聞いて理解し
授業内容を覚えることが
成績アップの近道になります。

 

ですので
まずは、学校の授業中に先生の話を
聞くことからスタートして下さい。

 

授業中に先生の説明を
聞いてわかりづらくても
眠たくなったとしても

 


「うんうん!」
「へえ〜そうなんや!」

と興味を持って
心を動くように意識して
うなずきながら聞いていくことが大切です!

 

そして家に帰ってから
15分だけでいいので
授業でやったことを

振り返り

頭のイメージして
声に出してみる。

 

その時にも
 「うん!うん!」
とうなづきながら勉強する。

 

この 「うん!うん!」「へえ〜そうなんや!!」
ということ使うことで
記憶力がアップするのです!

 

それは、なぜかというと
 「うん!うん!」 「へえ〜そうなんや!」
というのは一種の感動になります。

感動するというのは
脳にとってご馳走になると言われています。

 

例えば
ドラマや映画で感動したシーンというのは
忘れずに記憶に残っていますよね。

それだけ
感動というのは
脳にインパクトを与えるため
記憶に残るというのです。

 

そして
更に効果的に記憶するために

「今、すごいことを覚えている!!」

と自分自身で思い込むことで
記憶力がさらに強固になるのです!

 

 ま と め 

勉強の基本は
やはり学校の授業を聞いて
理解するということが大切です。

 

授業をぼーっと聞いている状態で

いくらテスト前に頑張って
一夜漬け勉強したところで
覚えられずに
成果につながりませんしね。

 


「ぼーっと聞く」から
「えへ〜そうなんや!」

と興味を持つように意識して
授業を受けてみる。
それが結果的に
成績がよくなるのではあれば
嫌いな勉強が
楽しい勉強になるのではないでしょうか。

 

まずは
楽しく授業を受けてみる! 
ことから
始めてみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ、実践してみて下さい。

 

それでは
最後までお読みいただき
心より感謝いたします。

 

親子のコミュニケーションサイト
「グロースアップクラブ」は家
庭教師のぽぷらが運営しています。

家庭教師のぽぷらでは
お子さんに将来大切になる
3つの成長力
やる気力や理解力、習慣力を
身につける指導を行っています。

 

 

【この記事を読まれた方は次の記事も読まれています】

遊びが将来「子供の力」になる。

勉強しない子に勉強する習慣を身につけるコツ

勉強しているのに成果がない理由

 

#暗記力  #暗記法 #成績アップ #苦手科目克服  #暗記苦手

 

家庭教師ぽぷらは小中高生を対象に家庭教師を紹介しています。
お子さんの勉強でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

Support

サポート情報