勉強が三日坊主にならない方法

学びスタイル

更新日:2019年6月14日

投稿日:2017年6月1日

勉強が三日坊主にならない方法

こんにちは
家庭教師 ぽぷら
代表 小村康宣です^^

 
 

さて今回は

【勉強が三日坊主にならない方法】

というテーマでお伝えします。

 
 

お子さんが
テストで悪い点数を取ってきた時

 
 

「勉強もせずに
   
毎日遊んでばっかりだったから

こんな点数取ってきたんじゃないの!!

これからは、ちゃんと勉強しなさい!!!」

 
 

お子さんも反省し

「次こそは、絶対に
良い点数を取って挽回するぞ!」

「じゃあ、毎日1時間は勉強する!!! 」

 
 

と気合を入れ直し
勉強を始めたものの

 
 

数日後には
また同じ生活に戻り

ゲーム、スマホ、マンガ
ばっかりで全く勉強しない・・・。

 
 

いくら
キツく説教したり
叱ったりしても

結局は
三日坊主で勉強が続かない・・・。

 
 

あなたのお子さんも
このような経験を何度も
繰り返していませんか?

 
 

これは
お子さんだけに限らず
誰もが経験するはず。

 
 

勉強だけに限らず
何かを始めようと
気合を入れつつも

いつも三日坊主で続かない・・・。

 
 

たとえば
普段、本を読まない人が
2、3日はがんばって読書を
続けたとしても
    
途中で続くなくなり
読書を辞めてしまう。

 
 

ダイエットも
数日間は我慢して
食事制限などしたのに
   
   
途中で我慢できずに
元の食事に戻ってしまう。

 
 

何かをやり始めても
いつも三日坊主で続かない。

 
 

これは
お子さんだけに限らず
大人でもよくあることですよね。

 
 

人の脳は変化を恐れて嫌う。

 
 

それでは、なぜ
人は三日坊主で続かない
のでしょうか??

 
 

それは
人の脳は変化を怖れ嫌うという特性
を持っています。 

 
 

普段やっている行動ではなく
新しい行動を起こそうとすると
脳は拒否反応を起こします。 

 
 

そして
新しい行動にブレーキをかけ
ストップさせてしまいます。

 
 


つまり
脳は現状維持することが心地良いため


今までと同じ行動を
繰り返し行う習性があるのです。

 
 

そのため今まで
勉強習慣のないお子さんが

机に向かい1時間勉強しても

脳が拒否反応を起こし
勉強することをストップさせてしまうのです。 

 
 

勉強が三日坊主で
続かないというのは
      
この脳の仕組みが
原因だったのです。

 
 

growthup.club-studystyle-mikkabouzu-1

脳にブレーキをかけずに続けさせるには?!

それでは
脳にブレーキをかけずに
続けさせていくためには
どうすればいいのでしょうか?

 
 

まずは
脳が拒否反応を
起こさせないようにするために

小さな行動から
始めることが大切です。 

 
 

今まで
勉強習慣ないお子さんに
    
  
毎日1時間
勉強させようとしても
脳が拒否反応を起こし絶対に続きません。

 
 


ですので

最初は短い時間から
スタートことが大事です!

 
 

今まで
勉強習慣ないお子さんなら
   
   
まずは
10分、15分の短時間の
勉強をオススメします。

 
 

読書の場合も同じです。  
   
    
本を読む習慣がない人なら

最初の1ページだけを
じっくり読むことからスタートする

 
 

まずはこのペースを
2、3日繰り返します。

 
 

ここで大切なことが

まだまだ勉強できる! 
ということで
   
いきなり
長時間の勉強をしないこと

 
 

長時間にわたり
勉強しようとすると

脳が拒否反応を起こし

2、3日後には
また元の状態に戻るのです

 
 

読書も同じで
最初から一気に

10ページも20ページも

読もうとしないこと

最初は無理をせずに
脳が慣れるまで

小さな行動から
スタートすること。

 
 

つまり
小さな行動から
スタートすることにより
脳を騙すこと出来るのです。

 
 

そうすると

新しい行動にブレーキが
かからなくなり

継続することが
出来るようになります。          

 
 

三日坊主にならない行動術とは!?

小さな行動からスタートさせて
徐々に脳を慣れさせます。

 
 

そして
次に大切なことは

お子さんの
  
「小さな一歩を褒める!!」
  

ことです。

 
 

10分15分だけ
勉強しても意味ないんじゃないの?! 

 
 

1ページだけ
本読んでもダメじゃないの?!

 
 

と思われがちですが

 
 

まずは
 
小さいながらも
変化したことを褒めてあげましょう。

 
 

なぜなら
結果だけを褒め続けると
結果だけにしか目がいかなくなります。      

 
 

すると
 
良い結果はオッケー!
  
だが
  
悪い結果はダメ!!

という思考になり
 
悪い結果になりそうなら
行動してもムダ!

    
と諦め行動そのものを
しなくなるからです       

 
 

ですので
 
結果を褒めるのではなく
行動そのものを褒めること。

 
 

お子さんが
  
「少しの時間でも机に向かった」
    
という行動を褒めると
脳は嬉しくなります。 

 
 

脳は褒められると

行動そのものが
嬉しく楽しいもの

と認識するのです!

 
 


つまり、勉強すると褒めれる!! 

   

    「勉強=嬉しい 」
 

   
ということになり

お子さん自ら勉強に
取り組むようになります!  

 
 

さらに
人は注目されたことの
頻度を増やすという性質があります。

 
 

勉強に取り組む姿勢を
注目し褒めることで

されらに
お子さんは
自ら勉強するようになるのです。

growthup.club-studystyle-mikkabouzu-2

そして
勉強の習慣が
少しずつついてきた頃に
必ず起こる現象があります。

 
 

それは
勉強しようとした時に

「勉強への取りかかりの壁」

が出てきます!

 
 

たとえば、

   
部活で疲れて勉強する気にならない・・・
   

  
学校行事が忙しく勉強する気にならない・・・ 
  

 
勉強するの面倒くさい・・・

 

 
 

このように
部活や学校行事で疲れると
勉強すること自体が面倒くさくなり
  
   
「勉強への取りかかりの壁」
   
  
という
心理的ハードルが高くなり
勉強をしなくなるということは
誰もが経験することではないでしょうか。

 
 

それでは

「勉強への取りかかりの壁」

を取り払うためにはどうすればいいのか?

 
 

それは
短時間の勉強からスタートすることです。
 

   
15分の勉強ができないなら、
10分でいいから勉強しよう!
   

   
10分の勉強ができないなら
 5分でいいから勉強しよう!!
  

   
5分の勉強ができないなら
1分でいいから勉強しよう!!!!
  

  
1分でいいから勉強しよう!!
と言うのです。
 

 

 
「えっ、1分?!」
 

  
「1分だけでは
勉強できないんじゃないの??」
    
と思われますよね。 
    
 

  
そうです。
1分だけ勉強しようと思っても無理です。

 
 

でも、実際に

「1分だけでいいから勉強しよう」
   
と思ったら

机に座り、ノートを開き、ペンを持ち、

まずは1問でもいいから解いてみる。 

そうしていると、

人の脳には
   
 「作業興奮」

という脳の働きがあります。

 
 

これは
何か行動したり作業してしていくと

少しずつ気持ちが乗ってきて

「やる気」

が高まって行動することいいます。                                                                                                                                          

 
 

たとえば
掃除の場合でも

部屋全部を綺麗にしようと思うと
少し気合が入り
無意識で心理的ハードルが高まります。

 
 

すると
何かとやめる理由を
自分で正当化して
先延ばしにしてしまいます。  

 
 

そうではなく
机が汚れているから
机だけ掃除しようと思って始めたら
色々なところに目がとまり

結局は
部屋全部を掃除していたとか。

 
 

スポーツでも
初めは体を動かすことが面倒くさいな〜

と思いながら体を動かしていくと

いつの間にか
体を動かすことが気持ちよくなり

もっと体を動かしたい!!
という気持ちになっていたとか。

 
 

始めは小かなことから
短時間だけやろうと思っていたことが

気がついたら
いつの間にか
調子に乗り長時間していた
ということがあると思います。

 
 

勉強も同じで

「勉強するのめんどくさいな〜」

と思っている時こそ

「1分だけいいから勉強しよう!」

ということでスタートしてみてください。                                                                                   

 
 

すると
それが

5分、10分、15分

と少しずつやる気が出て
調子が出て勉強するようになります!

 
 

このように
心理的ハードルを低くすることで

勉強が
「三日坊主」にならずに
習慣が定着することが出来るのです!!

 
 

「習慣を制するのは、人生を制する」

と言われるように
人生においても
非常に重要なスキルの一つになります。

 
 

今のうちから
三日坊主を克服できるように
日頃から工夫することで
習慣力を身につけることが出来ます!          

 
 

ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

それでは
最後までお読み頂き心より感謝いたします。                                                                                                                      

 
 

 
 

【この記事を読まれた方はコチラの記事も読まれています】

子どもが勉強嫌いになる原因とは?! 

勉強しない子供に罰を与えても勉強しなくだけ

勉強しない子が勉強するようになるコツ

 
 

#勉強 #三日坊主にならない #勉強嫌い #子ども 

 
 

家庭教師ぽぷらは、兵庫県神戸)、大阪府京都府岡山県で小中高生を対象に家庭教師を紹介しています。  

兵庫県では、神戸市西宮市尼崎市伊丹市川西市宝塚市三田市明石市加古川市姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 

お子さんの勉強でお悩みでしたらお気軽にご相談下さい。

関連記事

高校受験に向かって中学三年生が本気になった秘密<前編>

家庭教師の指導体験談

高校受験に向かって中学三年生が本気になった秘密<前編>

2019年5月22日

高校受験に向かって中学3年生が本気になった秘密<前編>   こんにちは。 神戸学院大学 薬学部 中村です。     今日は 私が初めて受け持った お子さんの話をしたいと思います。                …

親の命令口調は子供には逆効果

対話スタイル

親の命令口調は子供には逆効果

2019年6月7日

 親の命令口調は子供には逆効果 こんにちは 家庭教師 ぽぷら 代表の小村康宣です^^  さて今回は 『親の命令口調は子供には逆効果』 というテーマでお伝えします。      「いつも同じことを言っているのに、言うことを聞 …

スマホは勉強にどう影響するの?? 

生活スタイル

スマホは勉強にどう影響するの?? 

2019年6月14日

 スマホは勉強にどう影響する?! こんにちは 家庭教師 ぽぷら 代表の小村康宣です^^     さて、今回は ご家庭からご相談されることが多い 「スマホは勉強にどう影響するのか?」 というテーマでお話します。     あ …

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<後編>

家庭教師の指導体験談

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<後編>

2019年5月22日

こんにちは 家庭教師 ぽぷらで講師をしています 神戸大学 福田です。     スマホばかりで全く勉強しなかった 中学3年生 ゆうすけ君(神戸市垂水区)が どのように変わり、やる気になったのか。  後編をお話しします。  …

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<前編>

家庭教師の指導体験談

スマホ依存症で勉強しなかった子が、やる気なった話<前編>

2019年5月22日

こんにちは 家庭教師 ぽぷらで講師をしています 神戸大学 福田です。     今回は 僕が家庭教師として担当している 神戸市垂水区 中学3年生のゆうすけ君の 指導体験談をお話したいと思います。      普段は スマホで …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(後編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(後編)

2019年5月22日

【家庭教師 指導事例】滝川中成績下位から高校進学へ(後編) こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。     神戸市西区 あきら君       中学受験を終えたものの 学習習慣を身に付けていなかった ために成績 …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編)

2019年5月22日

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編) こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。     前回の記事で 滝川中学に通う、中学3年あきら君 (神戸市西区在住)のケースをご紹介しています。   …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編)

2019年5月22日

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編) こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。     最近はめっきり寒くなってきました。 僕の指導している子どもたちも 風邪をひく子がちらほら。 みなさ …