家庭教師ぽぷら:ロゴ

News新着情報

2021.9.25 (Sat)家庭教師の指導体験談

起立性調節障害で授業についていくのが大変だった子が、勉強を好きになり、テストの点が急上昇した話

こんにちは。

 

ぽぷらで家庭教師をしています

神戸市外国語大学に通う山野です。

 

今回は

私が初めて受け持った

生徒さんについて

お話していこうと思います。

 

生徒さんの みかさんと
(明石市在住)

初めてお会いしたのは

中学2年生のとき。

 

起立性調節障害により

学校に行けないことが多く

 

登校しても

体調不良で授業に集中することができず

授業についていくのが大変な様子でした。

 

成績も落ち

基礎的な内容も

勉強の仕方も分からず

 

そんな状況を何とかしたいと思い

家庭教師を始められたということでした。

 

 

そんな みかさんが

勉強を楽しむようになり

苦手教科の英語の定期テストで

家庭教師を始めたころの

倍近くの点数を取れるようになるまで…

お話していきます。

 

まずは、週1回の授業が楽しみになるように…

 

お母さんからは

特に苦手な英語を

基礎から教えてほしいとの

要望がありました。

 

もちろん

英語を好きになってもらうのも大切ですが

体の症状だけでなく

思うように勉強が進まないなど

不安な気持ちを抱えている

みかさんに

 

まずは

週1回の授業の時間を

楽しみにしてもらえるように

心掛けました。

 

最初は

学校のことや

興味のあるTV番組

映画の話題。

好きなアイドルの話などで

盛り上がることもありました。

 

 

勉強の方はというと

体調のこともあるので

最初は様子を見ながら

少なめに課題を出すようにしました。

 

それでも

課題をやっていないことが

多かったです。

 

そのような場合でも

強制はしませんでした。

 

すぐ終わる量にしたり

英語の日記を書くという内容にしたりと

無理なく楽しんでできるように

課題を工夫していきました。

 

テスト前は

学校の課題もあるので

私からの課題は減らしたり

余裕のあるときは増やしたりと

みかさんと

コミュニケーションをとりながら

勉強のペースを作っていきました。

 

まずは基礎的な内容をしっかりと!

 

授業では

基礎的な内容

しっかり身につけることを

目指しました。

 

復習を丁寧に行い

繰り返し問題を解き

忘れていた内容や単語を

覚えなおしていけるようにしました。

 

毎回小テストを準備し

基礎的な内容のチェック

欠かさず行いました。

 

少しずつ

「わかる」

「できる」

ことが増えていくと

 

「英語の勉強が

楽しくなってきたから

もっと頑張りたい!」

 

そんな嬉しい言葉も

聞けるようになり

 

勉強の習慣も

少しずつ身についていきました。

 

ポイントを絞って苦手を克服!

 

3年生になると学習内容も

さらに難しく多くなります。

 

新しく学んだ内容を忘れないよう

すぐに復習を行うようにしました。

 

一方で

3年生ということもあり

新しい内容と同時に

これまでの復習も大切にしていました。

 

これまでの指導で

みかさんの得意・不得意は

把握できていたので

苦手な形式に慣れるための問題など

その時々で必要だと思う問題を

作成して解いてもらうこともありました。

 

あれもこれもと取り組むのではなく

とにかく みかさんが

何回も間違えている内容に

ポイントを絞って

正解できるようになるまで

繰り返し練習するようにしました。

 

こちらが何度も

同じ問題を出すことで

本人も何が苦手かを

気付くことができましたし

繰り返し目にすることで

自然と覚えることができたのではないかと思います。

 

そして

3年生の1学期の期末テスト…。

 

「今回のテストでは英語の問題が

いつもよりスラスラ解けた!」

 

と言っていたみかさん。

 

返ってきたテストはなんと英語が80点

初めて会った出会ったときに

とっていた点数の

なんと2倍の点数です!

みかさんの努力の成果です!

 

テストで結果が出たことで

英語がさらに楽しいと感じ

やる気もでてきたようです。

 

今後は

受験に向け

基礎固めを続けながら

入試の問題も練習していく予定です。

 

高校受験に向け

この調子でコツコツと

頑張っていってほしいと思っています。

 

それでは

みかさんと私の指導体験を

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

まとめ

こんにちは、家庭教師ぽぷら 代表小村康宣です。

明石市 中学3年生 みかちゃん

の指導体験談をお読み頂きいかがでしたか?

 

みかちゃんのお母様から

家庭教師のご相談を受けた時は

 

体調不良で学校も休みがちなため

段々と学校の授業もわからなくなり

勉強のやる気もない

 

という状況でした。

 

家庭教師を始めた当初も

体調不良で家庭教師の授業を

お休みされることもありましたが

 

体調が良い時は

家庭教師の授業を楽しみにしてくれていたようです。

 

ぽぷらからご家庭に定期連絡を入れる際にも

 

先生との授業は楽しいと本人も言っています!

勉強も前向きに取り組むようになりました!

 

とお母様もおっしゃってくださいました。

 

家庭教師を始めてから約5ヶ月で

英語の点数が倍になり

こちらとしても本当に驚いています!

(学校の先生もとても驚かれたそうです)

 

 

家庭教師を始める前は

嫌いだった英語が

今では得意な英語になり

勉強の自信が持て

積極的に取り組んでいると聞いています。

 

この調子で勉強に取り組み

志望校合格できるようサポート

していきたいと思います。

 

【この記事を読まれた方はコチラの記事も読まれています】

・高校受験に向かって中学三年生が本気になった秘密

・起立性調節障害の不登校のお子さんが高校受験に向かって本気になった話

・不登校で自信をなくしていた子が、自分らしい高校生活を送れるようになった話

 

家庭教師ぽぷらでは、兵庫(神戸)大阪、京都、奈良、滋賀、和歌山、広島、岡山にて家庭教師をご紹介しています。オンライン家庭教師では全国で対応しております。 お子さまの勉強の悩みでしたらお気軽にご相談ください。

Support

サポート情報