勉強しない子の頭が良くなる方法

生活スタイル

更新日:2017年10月15日

投稿日:2017年7月15日

もうこれで親も安心!
勉強しない子が自分から勉強するようになり頭が良くなる方法

『うちの子、いつもスマホでゲームや動画ばかりで全く勉強しないんです・・・』    

 『部屋で勉強しているかと思ったら、いつも寝てばかり全く勉強していないんです・・・』          

このように、遊んでばかりで全く勉強しない子が【勉強するようになる】ためには、どのようにしたらいいの?   

 せっかく自分の部屋で勉強しても【集中力が持続せず】に寝てしまう、どうしたらいいの? とご家庭から相談を受けることが多くあります。 

家で全く勉強しない子が、自分から勉強するようになり集中力が持続する方法はあるのでしょうか?

 そこで、今回は、勉強しない子の自分で勉強するようになり頭が良くなる方法をお伝えします。

growthup.club/2016/08/09/todaisei/1

東大生の半分以上がリビング学習をしていた!?

普段、全く勉強しない、集中力が続かない、そんなお子さんをお持ちのご家庭から 「どこで勉強したら、集中して勉強できますか??」という質問をよく受けます。     

お子さんの部屋、リビング、図書館、自習室など勉強する場所はたくさんあり、お子さんの性格によって集中できる場所や環境というのはそれぞれ違ってきます。

たとえば、自分の部屋で勉強した方が静かで集中して勉強がはかどるお子さんもいれば、
一方で、自分の部屋だと机の上にあるものをいじって遊んだり、机の近くにあるマンガ、雑誌などに気を取られて集中して勉強できないということもよく聞きます。

 それでは、日本で一番賢い大学である東京大学の学生「東大生」は、どういった場所で勉強したから東大生になれたのでしょうか??       

東大生を対象にした東大生アンケートをご紹介します。   
アンケートの中で「子どもの頃に勉強した場所は?」という設問に対して東大生の半分以上が答えた場所があります。
それはいったいどこの場所だと思いますか?  

 それは、「家族が集まるリビング」ということ結果でした。  

 最近になり「リビング学習」が学習に効果的ということで題になっていますので聞いたことがあると思います。    

しかし、リビング学習したら頭が良くなり東大生になれる!? というわけではありませんが、それには理由があるようです。  
リビングは料理などの家事をしたり家族が集まりご飯食べたりテレビ観てくつろいだりと普段生活する場所になります。

普段生活する場所だから「騒がしく集中して勉強できないのでは??」と思われますよね。    

実は、料理を作っている音や洗い物をする音など、生活をしている中で出てくる「生活音」というのは、普段から聞き慣れている音です。

この普段から聞き慣れている生活音がある方が、人は落ち着き安心できます。

それがかえって集中力が高まるのです!!

一方、雑音がなく静まりかえった場所の方が、集中できるんじゃないの?と思われますよね。
しかし人は静まりかえった環境では、少しの音に敏感になり集中力を欠いてしまいます。

また、リビング学習のメリットとして、お子さんが勉強している姿がわかるので安心感につながります。

特に、小学生の低学年のお子さんなら、わからないことや出来ない問題が出てきた時に親が教えてあげられるので、わからないことや出来ない問題をすぐに解決でき勉強がはかどります。

そして「親の目」があるためゲームやマンガなどに脱線することがなく、 ぼーっと考えるごとすることもなく集中して勉強できます。

もちろん、テレビは消すことが大事です。音量を小さくしてもテレビに意識が向いてしまい集中力が途切れる原因になるからです。

このようにリビング学習すると集中して勉強に取り組めるようになるため成果につながりやすくなります。   

東大生の半数以上がリビング学習をしていたということも納得できるのではないでしょうか。

growthup.club/2016/08/09/todaisei/2

リビング学習を定着するにはどうすればいいの??

リビング学習の効果があると理解できても、お子さんが自分から勉強に取りかからないと意味がありませんよね。

小学校の低学年のお子さんであれば、
「リビングで勉強しなさい」と言えば比較的素直に聞いてくれリビングで勉強すると思います。

しかし学年が上がるにつれて、親の言うことを素直に聞かず、なかなかそういう訳にもいかなくなります。

そのため、「リビングで勉強しさない!」と強制的に命令しても、親の言うことに反発しリビングで勉強すること自体が嫌になります。

なぜなら、人は強制されたり命令されると反発するようになるからで

すると、「リビンでは集中して勉強できない!自分の部屋の方が集中して勉強できる!」と言い出し自分の部屋にこもるようになります・・・。

では、そういうお子さんに
「リビング学習を定着させるには、どのようにすればいいのでしょうか?」

そもそも、人は一人で何かを継続して習慣付けるということが、なかなか出来ません。

勉強だけに限らず、他のことでも一人でコツコツと続けていくのは難しいものです。。。

しかし人は一人でコツコツ続けることが出来なくても、誰かと一緒なら少々嫌なことや面倒くさいことであっても続けることが出来ます!

ですので、お子さん一人がリビングで勉強するのではなく、あなたもお子さんと一緒になり勉強することをお勧めます!

お子さんと一緒に勉強し問題を解き、わからないこと出来ないことをその場で教えれば、スグに解決できるので勉強がはかどります。

しかし中学生くらいになると問題も難しく分からないと逆効果です。。。

そういう時は、お子さんの勉強を一緒になり問題を解かなくていいです。

あなたは、自分が好きな本を読んだり仕事の書類整理をしたり家計簿をつけたりすることで、一緒に勉強するという雰囲気が作れるようになります。

すると、お子さんも「自分一人だけが勉強している」ということではなく「家族も一緒になり勉強している」という雰囲気になるので勉強に取り組みやすくなります。

今まではお子さんに「 勉強しなさい!」と言っていたと思いますが、 これからは「一緒に勉強しよう!!」という言葉に変えてみてください。

そうすることで、お子さんも進んで勉強するようになり家庭学習の習慣が定着出来ます。

growtgrowthup.club/2016/08/09/todaisei/3hup.club/2016/08/09/todaisei/top

子供は親の行動を真似る!?

「でも、「一緒に勉強しよう!」と言うだけで、ウチの子も本当に勉強するようになるのかしら・・・?? 」と疑問に思われているのではないでしょうか。

それには、ちゃんとした理由があるので安心してください!

お子さんに「一緒に勉強しよう!」と言って勉強することで、お子さんも素直に言うことを聞いてくれ勉強するようになる理由として、ミラーミューロンという効果があります。

ミラーミューロンとは?
人の脳は、目の前にいる人の行動があたかも自分自身の行動であるかのように共鳴する仕組みがあります。

たとえば、目の前の人があくびをしたら、それにつられて自分もあくびしたりとか。テレビで料理番組を見ていたら急にお腹が空いきたりとか、そういうことありますよね。  これがミラーミューロンという効果なのです。

 

これを上手に使って、お子さんが勉強する習慣を身につけようとすると。 親であるあなたが、一緒になりリビングで勉強する姿を見せることです。  自分の好きな本を読んだり、雑誌を読んだり、仕事の整理をしたり、家計簿をつけたりなど、一緒になり親である仕事をすることです。

勉強のことを言わなくても、お子さんも親の姿を見ると自然と勉強しないといけないと気付き勉強に取り組むようになります。

今までの「勉強しなさい!」という言葉を「一緒に勉強しよう!」という言葉に変えて実践してみて下さい。

 

そうすることで、お子さんの自主性を育むことにつながり、結果的には成績につながるのではないでしょうか。

 

 

ぜひ、ご家庭で実践してみてください。 

それでは最後まで読んでいただき心より感謝いたします。

 

親子のコミュニケーションサイト 「グロースアップクラブ」は家庭教師のぽぷらが運営しています。

 

家庭教師のぽぷらでは、小中学生のお子さんに将来大切になる3つの成長力 「やる気力」「理解力」「習慣力」を身につける指導を行っています。

 

お子さんの成長力をグッと高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。

ぜひ、お子さんの成長力アップに役立ててください。 

メルマガ登録フォームはこちらから>>

 

【この記事をお読まれた方はコチラの記事も読まれています】

〇〇を食べると頭が良くなる!?

子供が自分から勉強するようになる生活環境を整える!

子供に「生活を整える力」身につけさせる。

#リビング学習 #頭が良くなる #家庭教師 #ぽぷら

growthup.club/2016/08/09/todaisei/4

家庭教師のぽぷらは、兵庫県大阪府京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。  

兵庫県では、神戸市、西宮市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、明石市、加古川市、姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 お気軽にご相談下さい。

関連記事

親の命令口調は子供には逆効果

対話スタイル

親の命令口調は子供には逆効果

2017年10月15日

グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りするお子さんの3つ成長力をグッと伸ばす親子のコミュニュケーションサイト|小中学生対象の家庭教師派遣   親の命令口調は子供には逆効果   「いつも同じことを言っているのに、言 …

子どものやる気を引き出す言葉

対話スタイル

子どものやる気を引き出す言葉

2017年10月22日

グロースアップクラブは、親子のコミュニケーションサイト 家庭教師のぽぷらが運営しています。  子どものやる気を引き出す言葉 子育てにおいて、子どものやる気を引き出すためには、子どもの良いところを見つけて褒めることが大切だ …

子どもの可能性を伸ばすために必要なこと

未来スタイル

子どもの可能性を伸ばすために必要なこと

2017年10月13日

 子どもの可能性を伸ばすために必要なこととは?     「こんなことが出来る!」 「こんなことしか出来ない・・」   お子さんは普段、どちらの言葉をよく使いますか??     「こんなことが出来る」というのは、自分には可 …

子供の感情を受けとめることの大切さ

未来スタイル

子供の感情を受けとめることの大切さ

2017年10月13日

子供の感情を受けとめることの大切さ 部活の試合前や習い事の発表会の時に、お子さんが「緊張する!!」「出来るか自信がない!!」「出来るか不安!!」と言ってきた時、 あなたなら、どのようにお子さんに伝えますか?     私た …

勉強に集中できないのはどうして?! 

学びスタイル

勉強に集中できないのはどうして?! 

2017年10月16日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強に集中できないのはどうして?!   定期テスト前や受験勉強の時、集中して勉強できればスムーズに勉強がはかどり実力として身につきます …

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

未来スタイル

【絶対ダメ!】褒めるだけだと子供はダメになる!!

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト   褒めるだけだと子供はダメになるのは本当!? 子育てで大切なこと、それは子供の良いところを見つけて褒めて伸ばすことが大切だと言われま …

子どもの勉強を習慣づけるコツ

学びスタイル

子どもの勉強を習慣づけるコツ

2017年10月13日

グロースアップクラブは、家庭教師のぽぷらがお送りする親子のコミュニュケーションサイト 勉強習慣つけるためには、どのようにすればいいでしょうか。     「遊んでばっかりで勉強しない」   「いつも勉強しさない!と言わない …