家庭教師ぽぷら:ロゴ

News新着情報

2020.2.10 (Mon)未来スタイル

反抗期の子供にやってはいけないこと!!

反抗期の子供にやってはいけないこと!! 

こんにちは
家庭教師 ぽぷら
代表 小村康宣です^^。

 
 

さて、今回は

【反抗期の子供に
やってはいけないこと!!】

というテーマで
お伝えしたいと思います。

 
 


  「ウチの子
反抗期になり親の言うことを
全く聞かないのです…
いったい、どうすればいいでしょうか??」 

 
 

小学校高学年から
中学高校にかけて
お子さんは
反抗期の時期です。

 
 

そもそも
反抗期というのは
誰もが通る道。

 
 

大人に成長する過程で
親に反発反抗するようになりますが
これはごく自然なことです。

 
 

逆に小中高生の時期に
反抗期がないと
大人になってから
反抗期になり
大きな問題を起こしてしまった
ということもよく聞きます。

 
 

ですので
小中高生の時期の反抗期は
よしとするのも
いいのではないでしょうか。 

 
 

しかし
そうは言っても
反抗期の時期に
親子ゲンカが原因で
お子さんが
大人になっても
 
「親子関係が悪いまま」
 
の状態ということもあります。 

 
 

ですので
接し方に注意したい
ところですよね。  

 
 

では、そんな反抗期のお子さんに
どのように接すればいいのかをお伝えします。

 
 

反抗期のお子さんにこんなことしていませんか?

反抗期の時期は
お子さんとのぎこちない関係に
気をもんだり
コミュニケーションが取りづらくなります。

 
 

そんな時
お子さんの態度に対して


 「ちゃんと頑張ってるの?」

 「あんた大丈夫?」

 「ちゃんとやってるの?」 

など
このように言ってしまうと
反抗期に拍車がかかってしまいます・・・

 
 

また

「やっぱり、まだまだ子供だな〜」

「まだまだ考えが子供で甘ちゃんやな〜」 

 
 

このような言葉を言うと
お子さんは

「子供扱いされ、上から目線」

で言われていると感じてしまい
お子さんにとって
プライドが傷つき
反抗心が高まってしまいます。

 
 

そして
お子さんとの会話の中で
意見を言ってきた時
まだ自分の意見が
矛盾していたり
上手く伝えることが
できないことがあると思います。

 
 

そんな時は
  
「正論で
  お子さんの意見を
  抑え込もうとしない」

ことです!

 
 

お子さんの言い分も聞かず
有無を言わさずに
正論で抑え込もうとすると

「どーせ、親は僕(私)の意見を
 聞いてくれない!!」

と思うようになり
お子さんの
プライドが傷つき
ますます反抗心が高まり
親との対話を
拒むようになってしまうのです。

 
 

親の意見に対して
屁理屈を言ってくるので
 
それを聞くのは
根気や忍耐がいりますが
 
お子さんは

「自分の意見を聞いてもらいたい」

と思っていますので
しっかり聴いていくことが
とても重要となるのです。

 
 

反抗期のお子さんの対処法

それでは
反抗期のお子さんに
どうのように接すばいいのでしょうか。

 
 

反抗期の時期になると
お子さんは口数が少なくなりますが
そんな時こそ
お子さんの

少しの変化に目を向けていくこと

がとても大切です!

 
 

そのために

少しの変化や頑張りを
認めて褒めていくことです。

 
 


  「頑張ってるね〜
   お母さん嬉しいわ〜」


  「以前と比べて
   出来るようになったね
   お母さん嬉しいわ〜」

 
 

 たとえ
 お子さんが
 そっけない態度であっても
 伝えていくことが大切です。

 
 

なぜなら
お子さんにとっては
少しの変化でもちゃんと
見てもらえている

という安心感につながるからです。

 
 

そして
反抗期の時期は
理由もなくイライラ
親にぶつけてくる時もありますが
お子さんの
イライラを吸収するように
広い心で接する
ことができれば
親子ゲンカに発展しなくなります。

 
 

しかし
そうは言っても
お子さんの口から


 「ウザイ!」  「ムカつく!」 
  
 「キモイ!」  「くそばばあ〜!」

 
 

キツーイ口調で言われると
感情的になってしまいますが、、、
まずは
受け止めて共感することです。

 
 

例えば
  「学校の先生、ウザイ!」 
 
  「ああいうの、ムカつく!」

と言ってきたとしても
 
 「なんで、そんなこと言うの!
 先生に向かってダメじゃない!」

とはくれぐれも言わずに


 「そっか〜ウザイんだね〜」
 「そうなんだねームカつくんだね」
 「そっか〜ムカつくんだね
 お母さんもそんな時あったわ〜」 

と最後の言葉を繰り返すのです。

 
 

ここでは
お子さんの意見が
「正しいとか正しくない」
と言うのは別として

お子さんの感情を受け止め共感することです。

 
 

 「そうなんだね〜」 
 
 「そう感じたんだね〜」
 
という気持ちで
相槌を打ちながら共感していく。

 
 

すると
お子さんは自分の気持ちを
受け止めてくれているという
安心感が生まれるようになります。

 
 


つまり
お子さんに
上から目線から接するのではなく
対等な立場で
共感し接することが
重要なのです! 

 
 

お子さんを
一人の大人として認めていくことで

お子さんも
自ら考え判断するようになっていきます。

 
 

反抗期の時期だからこそ向き合う

反抗期の時期は
お子さんに
どう接しすればいいのかわからないから
腫れものに触る
ように接する方もいます。

 
 

しかし
腫れものに触るように接すると、、
親の注目を引こうとして

親が困るような
問題を起こすようになります。

 
 

ですので
反抗期の時期だからこそ
親がお子さんの気持ちを
受け止めて共感することです。

 
 

そして
お子さんに寄り添い信じることです。

 
 

お子さんも
親から信じてもらえている
安心感と信頼が生まれることで
お子さん
自ら考え判断できる力
が身につくことにつながると思います。

 
 

ぜひ、ご家庭で実践してみてください^^

 
 

それでは
最後までお読みいただき心より感謝いたします。

 
 

家庭教師 ぽぷらは
お子さんの将来に大切な3つの成長力
やる気力や理解力、習慣力
を身につけ成長をサポートします! 

 
 

 
 

【この記事を読まれた方は
こちらの記事も読まれています】

・やる気がない子」の対処法

・絶対ダメ!親が子供に言ってはいけない言葉

・子供が平気で嘘をつく時の対処法

 
 

#反抗期 #やってはいけないこと #子育て #反抗期対処法

 
 

 家庭教師 ぽぷらは、小中高生を対象に家庭教師をご紹介しています。 お子さんの勉強でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

Support

サポート情報