fbpx

子どもの自主性を育てる方法

対話スタイル

更新日:2017年10月6日

投稿日:2017年1月15日

子どもの自主性を育てる方法

「勉強もせずにゲーム、スマホ、テレビでダラダラしている。。。」

「学校に行く時間なのにグズグズして準備ができていない。。。」

 
 

お子さんのこんな姿を見ていると、

「早く宿題しないダメじゃない!」

「なんでいつも勉強しないで遊んでばっかりなの!」

「早く学校いく準備しないといけないじゃない!」

 
 

「○○しなさい!」「○○じゃないの!」と、つい感情的になりキツク言ってしまうのではないでしょうか。

小学生のお子さんなら比較的、親の言うことを素直に聞いてくれると思います。

しかし中学生くらいの思春期の時期になると、「○○しなさい!!」と親が言っても素直に聞いてくれず、逆に反抗するようにもなり親子関係が険悪な雰囲気に陥ることが多いのではないでしょうか。

 
 

反抗期のお子さんに、どのように接するかによってこれからの親子関係が大きく影響することになります。

 
 

そんな反抗期のお子さんが自主的になるための方法をお伝えします。

 
 

growthup.club/2017/01/15/jishusei/1

反抗期のお子さんの接し方

思春期で反抗期の時期というのは、親のいうことを素直に聞かないときでもあります。

 
 

そんな時、どのようにすれば、お子さんの自主性を引き出し自ら行動できるようになるのでしょうか。

 
 

お子さんが思春期で反抗期の時期だからこそ、「お子さんを子供扱いしない」ということが大切です。

これは、親の方がお子さんに比べて人生経験が長い分、今の現状からある程度予測がつきます。

こうすればこういう結果になると予測がつき、お子さんに失敗して欲しくない、うまくいってほしいと言う気持ちがあるからこそ、お子さんの先回りをしてあれこれ口出しをしてしまいがちです。

 
 

しかし親から小言が多くなればなるほど、お子さんからしたら「自分のことを信頼してくれてないんだな」と思うようなり親に対して反抗するようになります。

 
 

特に思春期で反抗期の時は、子供ではなく大人として背伸びしたい時期でもあります。

ですので、お子さんを子供扱いせず、お子さんを一人の人間として接することが大事です。

growthup.club/2017/01/15/jishusei/2

 
 

でも、親からみて頼りない部分が多いため、まだまだ子供なんだから親がしっかり指示しないとダメ!と思っていると、お子さんを支配しコントロールしようとすることがあります。

 
 

例えば、「○○しないと、ご飯抜き!」「○まるできないと、お小遣いなしね!!」

 
 

これが続くと、お子さんはますます親に対して反抗心が強くなります。

ですので、親からみてお子さんはまだまだ頼りなく心配なことが多いと思いますが、ますは一人の人間として対等な立場で接することがなにより大事です。

親が上、子が下、という上下関係、タテの関係を作らず、あくまでも対等な立場で接し、お子さんを信頼し尊敬することです。

 
 

親がお子さんを信頼し尊敬するという態度で接し続けていけば、お子さん自身も親から信頼されていると感じるようになります。

親から信頼し尊敬されているとわかると、お子さん自身も最終的に何か問題があった時には、親に頼ればいいという安心感が持てるようになるため、さまざまなことにチャレンジできるようになります。

そしてお子さん自ら考え行動できるようになり本当の自主性が育つようになるのです。

 
 

親が子供を一人の人間として尊敬すると、お子さんも親を尊敬するようになり良好な親子関係が築けます。親子で尊敬しあえる親子関係というのは、とても素晴らしいと思います。

 
 

「子育ては自分の育て」とも言われます。

 
 

お子さんを育てながら、お子さんに育てられ、親も一人の人間として少しずつ成長していくことが出来るようになるのではないでしょうか。

 
 

growthup.club/2017/01/15/jishusei/3

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お子さんの自主性を引き出すには、お子さんを一人の人間として対等に接することです。

親の方が人生経験が長いから親の方が偉いと思いがちです。

ですが、実は、お子さんは大人が思っている以上にさまざまなことを理解しわかっています。

また、お子さんにはお子さんだからこそ出来ることや、お子さんにしか出来ない才能が必ずあります。

その才能が開花されることを信じ、お子さんに接することが、お子さん自らの可能性を広げることにつながるのではないでしょうか。

 
 

それでは、最後までお読み頂き心より感謝いたします。

 
 

親子のコミュニケーションサイト 「グロースアップクラブ」は家庭教師のぽぷらが運営しています。 

 
 

家庭教師のぽぷらでは、小中学生のお子さんに将来大切になる3つの成長力  やる気力や理解力、習慣力を身につける指導を行っています。

お子さんの成長力をグッと高めるメルマガ「ぽぷらマガジン」を配信しています。

ぜひ、お子さんの成長力アップに役立ててください。 

メルマガ登録フォームはこちらから>> 

 
 

#子どもの自主性を育てる方法  #子供の可能性  #子育ては自分育て  

growthup.club/2017/01/15/jishusei/3

家庭教師のぽぷらは、兵庫県、大阪府、京都府で小中学生を対象に家庭教師を紹介しています。   兵庫県では、神戸市、西宮市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、明石市、加古川市、姫路市を中心でご紹介しています。 その他の地域でもご紹介しています。 お気軽にご相談下さい。

家庭教師のぽぷら 代表|グロースアップクラブ、お子さんの将来に大切な3つ成長力 やる気力や理解力、習慣力をグッと伸ばす親子のコミュニケーションサイトを運営。20年以上に渡り家庭教師業界に携わる。10000以上の家庭と接してきて成績が良い子と悪い子の違いは家庭教育にあると実感。教育心理学、コーチングを勉強し、親御さんに役立つ家庭教育情報を発信。
趣味はマラソン 過去4回フルマラソンを完走。

関連記事

高校受験に向かって新中学三年生が本気になった秘密<前編>

家庭教師の指導体験談

高校受験に向かって新中学三年生が本気になった秘密<前編>

2018年3月16日

高校受験に向かって新中学3年生が本気になった秘密<前編>   こんにちは。 神戸学院大学 薬学部 中村です。     今日は、私が初めて受け持った お子さんの話をしたいと思います。               …

親の命令口調は子供には逆効果

対話スタイル

親の命令口調は子供には逆効果

2018年3月16日

グロースアップクラブは家庭教師のぽぷらがお送りするお子さんの3つ成長力をグッと伸ばす親子のコミュニュケーションサイト|小中学生対象の家庭教師派遣   親の命令口調は子供には逆効果   「いつも同じことを言っているのに、言 …

スマホは勉強にどう影響するの?? 

生活スタイル

スマホは勉強にどう影響するの?? 

2018年9月16日

 スマホは勉強にどう影響する?! こんにちは グロースアップクラブ  代表の小村康宣です^^     さて、今回は ご家庭からご相談されることが多い 「スマホは勉強にどう影響するのか?」 というテーマでお話します。   …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(後編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(後編)

2018年3月16日

【家庭教師 指導事例】滝川中成績下位から高校進学へ(後編)   こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。神戸市垂水区のA君  中学受験を終えたものの、学習習慣を身に付けていなかったために、成績が低迷してしまった …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編)

2018年8月30日

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(中編)   こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。前回の記事で、神戸市垂水区 滝川中学に通うA君(中3)のケースをご紹介しています。中学受験を突破したA君 …

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編)

家庭教師の指導体験談

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編)

2018年3月16日

【家庭教師 指導体験談】滝川中成績下位から高校進学へ(前編)   こんにちは! ほぷらの家庭教師 神戸大の加藤です。 最近はめっきり寒くなってきました。僕の指導している子どもたちも、風邪をひく子がちらほら。みなさんは大丈 …

高校受験に向かって新中学三年生が本気になった秘密<後編>

家庭教師の指導体験談

高校受験に向かって新中学三年生が本気になった秘密<後編>

2018年3月26日

  高校受験に向かって新中学三年生が本気になった秘密<後編>   こんにちは。 神戸学院大学 薬学部 中村です。  ぽぷらで家庭教師をしています 今回は、前回の記事 >>高校受験に向かって新中学三年 …