家庭教師ぽぷら:ロゴ

News新着情報

2020.3.13 (Fri)未来スタイル

親の言葉で子どもは大きく変わる!!

親の言葉で子どもは大きく変わる

こんにちは、家庭教師ぽぷら   

代表の小村康宣です^^

さて今回は

【親の言葉で子どもは大きく変わる!!】

というテーマでお伝えします。

普段から
お子さんとのコミュニケーションの中で
使っている何気ない言葉。

でも、その言葉が
お子さんの未来を創ること
につながっているとしたら

誰もが普段からの言葉を
意識するのではないでしょうか。

しかし実際には、、、
  
  
   
お子さんが
同じ失敗を何度も繰り返したり

親の言うことを
全く聞かずに反抗してくると
イライラでストレスが爆発してしまい


キツーイ言葉

を言ってしまうことがあると思います。

そこで今回は
 
子育てにおいて
言葉における影響力は
どれだけ大きいのか?

というテーマでお伝えします。

言葉はどれだけ人間に影響を及ぼしているのか? 

まずは

人間の言葉が
どれだけ影響を及ぼしているのか??
  
という有名な「コップの水」の実験を
ご紹介したいと思います。

いくつかのコップに水を入れ

それぞれのコップの水に向かい


肯定的なプラス言葉


否定的なマイナス言葉

それぞれの言葉を言い続けた結果
水の結晶はどのようになったのでしょうか??


肯定的なプラス言葉

「ありがとう!」
という言葉の場合

→ 綺麗な結晶の形(水の形)

「○○しようね」という言葉の場合

→ 美しい結晶の形

否定的なマイナス言葉

「バカヤロー!!アホ!アホ!!」という言葉の場合

→ 結晶が壊れて形をなさい姿に・・・

「○○しなければいけない」という言葉の場合

→ 結晶を作らない・・・

つまり
肯定的なプラス言葉は
綺麗な水の結晶になり

否定的なマイナス言葉は
結晶が壊れるということなのです!!

しかも

「○○しなければいけない」

という命令言葉
結晶の形を作らず壊れてしまうのです。

ですので

日頃から 「勉強しなさい!!」 と
命令口調で言われ続けても

本当の意味で
成績が上がらないというのは
このことも影響していのかもしれません笑

人間の体は約80%が
水で出来ていると言われています。

 
ですので
言葉の影響力は
計り知れないということだと思います。

もし、お子さんに普段から

【キツーイ否定的な言葉】
を浴びせていると

表面的には普通にしていても

心は傷つき
鬱ぎ込んでしまうようになりますので
注意したいところですね!! 

今出来ることから言葉を伝えていく。

言葉の影響力が
計りしれないということを
理解できてたとしても

実際には
人間誰しも感情的になり

『キツーイ否定的なマイナス言葉』

を言ってしまうことがあると思います。

そんな時こそ

一呼吸おいて
お子さんに伝えるように
意識してみることが大切ですが、

もし、感情的になり
マイナス言葉を言ったとしても

自分を責めず

「まあ、そういう時もあるよ〜」

ということで
ご自身を許してみることが
めちゃくっちゃ重要です。

また
「マイナス言葉を言ったらダメ!!」
と気を使いすぎると

お子さんとの関係が
ギクシャクしてしまいますので
あまり気を使いすぎないことです。  

そして
お子さんの行動で
少しでも良いことに目を向け

出来たことを認めたり褒めたりして


肯定的なプラス言葉

をかけていくように意識してみてください。

お子さんの
出来るようになったや成長したことが

なかなか見つからないという場合は

お子さんの存在自体を認めてみてください!

例えば、


「今日も元気にご飯食べてくれて
お母さん嬉しいわ〜」

「元気遊んでくれてたら
お母さんも楽しくなるわ〜」

というように
日常の些細なことを認めることです。

何か特別なプラス言葉を
かけないといけない! 

という風になると

自分自身に
命令することになりますので

日常の些細なことから
少しずつ認めてあげるようにしてみて下さい。

それをするだけでも

お子さんの
自己肯定感が高まります。

言葉における影響力をまずは自分自身から。

言葉における影響力は

日頃からの
お子さんへの言葉かけは

お子さんの
未来を創ることなります!!

ですので
言葉一つひとつを
意識してみはいかがでしょうか。

また
言葉ひとつで
相手を傷つけ心をも壊すことが出来ます。

一方、相手を勇気づけたり
励ましたりする力になります。

コップの水の実験では

一番綺麗な結晶の言葉は

「愛と感謝」

ということになりました。

普段から親子や家族で

「愛と感謝の言葉」で

コミュニケーションが出来るようになれば
とても素晴らしいと思います。

是非、この機会に普段から
使っている言葉を見直ししてみはいかがでしょうか。

そのためには
まずはあなたが自分自身に

愛と感謝の言葉

をご自身にかけてあげることが大切だと思います。

それでは
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

家庭教師ぽぷらは
小中高生のお子さんに将来大切になる

3つの成長力 「やる気力」「理解力」「習慣力」

を身につける指導を行っています。

【この記事を読まれた方は次の記事も読まれています】

・子どもの考える力を伸ばすために必要なこと

・「やる気がない子」の対処法

・絶対ダメ!親が子供に言ってはいけない言葉

#親の言葉 #子どもは変化する #成長する #言葉が大切 #家庭教師ぽぷら

Support

サポート情報